« 解のない方程式 | トップページ | 刀折れ、矢尽きてこそ »

2009年10月16日 (金)

問題を抱えた子どもから学ぶ=共に育つ=

  我が子が難しい思春期の年頃になると、一見問題がなさそうに見えても、どの親もみな子どもの問題を抱えています。我が子が抱える問題を真正面から受け止められず、その原因を友達や学校(担任など)に求める親もいます。そんな親よりはずっと賢明ではありますが、中にはしばしば、親としての自分の責任を痛感するあまり、「私の育て方が悪かったせいで、この子はこんなふうになってしまった」と思い込んでしまう親もいます。特に、周囲に相談相手がいない母親は孤立して一人で思い悩み、ますますその責任に苦しみます。この時期は、各家庭の、とりわけ母親の負担はとても大きいものがあります。

  親も教師も、問題や課題を抱えた子どもからたくさんのことを学んでいます。その子どもが抱える問題に共感し、共に悩み、解決に向かって格闘する中で、子どもだけでなく、その親も教師も徐々に力を蓄えていくのです。ですから見方を変えれば、「この子(生徒)のお陰で私にも考える時間が持てた、自分にも成長するチャンスが与えられた」と考えることもできるわけです。少し綺麗事すぎるように思うかもしれませんが、これは事実です。

  問題をクリアしようとする時、その子どもの力が出ます。そしてその子どもの力が伸びます。そしてその時同時に、問題を抱えた子どもから周囲の大人もたくさんの力をもらっているわけです。子どもの抱える問題や課題は、子ども自身にとっても、そして親や教師などの周囲の大人にとっても、成長の源と言えます。成長は変化であり、変化にはエネルギーが必要です。エネルギーは向かうべき対象(問題)があって初めて出てきます。(17/12上)

« 解のない方程式 | トップページ | 刀折れ、矢尽きてこそ »

教育・学校」カテゴリの記事

コメント

マリーナさんへ

コメント、有り難うございます。
自分も発展途上だと思えば、相手に対しても自分自身に対しても、気持ちに余裕が出てきますものね。「孫と共に学んで・・」は、とてもいい言葉でした。  くりりん

奇麗事ではなく、とても大事なことだと思います。
ここで言っている「共に」ということができるかどうかだと思います。振り返って考えてみると、結局いい先生というのは、この「共に」が実践できた先生だったのだと思います。これからは私も孫と共に学んで行こうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題を抱えた子どもから学ぶ=共に育つ=:

« 解のない方程式 | トップページ | 刀折れ、矢尽きてこそ »