« 年賀状の優柔不断 | トップページ | 究極の無駄遣いの究極の責任 »

2012年1月 6日 (金)

もっと早く知っておけばよかった

 年が明け、新春を迎えました。本年も宜しくお願いいたします。

 毎日放課後の小学生と遊んでいます。それが今の私の仕事です。小学生は、特に低学年は、年がら年中ふざけています、笑っています、走り転げ回っています、叫んでいます、いつもそうです。彼らはとりわけ鬼ごっこが大好きです。誘われていつも私が鬼にさせられます。追いかけるとキャアキャア言って逃げ回ります。追いかけられるのが嬉しいようです。だから特定の子どもだけを追いかけないように、みんな平等に追いかけるように私は気を配ります。

 家庭や学校で寂しい思い嫌な思いをしている子ほど、イライラして友だちや物にあたります。自分への注意を向けてもらおうと、あるいは自分を見てくれているかどうかを確認しようと、わざとやってはいけないことをします。不安なので、いつもそれをチェックせずにはいられないのです。そう頭では理解していても、子どもが問題行動を起こすと私はカッカします。思わず怒鳴りつけたりします。後で冷静になると後悔します、反省します、いつもその繰り返しです。頭ではなかなか感情をコントロールできません。だから私は時々自信をなくします。

 自分の子どもが小さい頃、同じような状況でした。どうしてうちの子はこんなにうるさいのか、言うことをきかないのか、いつも叱りつけていた記憶があります。自分の子どもだけでなく、世間一般の子どもが似たような状況だと当時知っていれば、もう少し違っていたでしょうか。小さな子どもたちから学べることは、まだまだたくさんありそうです。
「ushiwakamaru.mp3」をダウンロード 牛若丸♪

2318_4
なんか、おめでたそうな絵
(川崎大師の小さなお堂の天井に
描いてありました)

2318_1

« 年賀状の優柔不断 | トップページ | 究極の無駄遣いの究極の責任 »

教育・学校」カテゴリの記事

コメント

マリーナさんへ
コメント、ありがとうございます。
そうですね。動物のこどもの映像を時々見ますが、たいていはふざけて転げ回っていますね。人間のこどもとまったく同じです。魚のこどもや蟻のこどももふざけていたら楽しいですね。  くりりん

monさんへ
コメント、あいがとうございます。
私の職場へ来るこどもは、多分自分の家とは違った態度や様子になっていると思います。まあ、それでいいのだと思いますけど、あんまりひどいと親にも見てもらいたいもんだと時々思います。  くりりん

子供達が大人には理解できない様々な行動を取るのは、成長過程では当たり前のことだと思ってます。そうして子供達はいろいろなことを学んで成長していくわけで、それをむやみに大人が押さえつけてはいけないと思います。子犬を見ていると、人間の子供と全く同じです。きっと神がこの世の生き物達にそのように仕組んだのだと思います。

こんばんは~
早いもので、もう七草となりました~

子供たちと遊ぶというのも、仕事となると気を
使ってしまい、鬼ごっこでは、体も大変ですね。
でも、動いていたほうがいいですよ。
 やはり、お子さんは、上の方のほうが賑やかでしたか?
なんとなく、そんな感じですが・・・・・

わたしも、友人の子供が小さかったころ、
よく、プロレスの真似事をしました。
彼らにとっては、待ちかねていたようで、
座っていると、とび蹴りされたり、靴までとんできます。
もちろん、親にはできなかったことなので、
イイカモだったのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっと早く知っておけばよかった:

« 年賀状の優柔不断 | トップページ | 究極の無駄遣いの究極の責任 »