« 言うほどには簡単にいかない(その1) | トップページ | 100年なら指呼の間 »

2012年7月13日 (金)

言うほどには簡単にいかない(その2)

(その1から続く)
 校内で他人に危害を加えたり器物を破損して今後もなおその恐れのある生徒に対しては、学校は「出席停止」の措置をとることが可能です。とは言っても、これもなかなか簡単にはいきません。まず、その措置に至るまでの学校の指導や努力の経過が問われます。その生徒の保護者にも、出席停止が教育上の配慮のもとに行われる今もっとも適切な措置であることを、きちんと説明して納得してもらわなければなりません。出席停止した後も、教師は定期的に家庭訪問して生活指導や学習支援の努力を継続しなければなりません。

 対教師暴力や器物破損や夜間侵入などに対しては、学校は原則的に警察へ被害届を出します。校内暴力に対して学校が警察権を導入することに、以前よりも世間の理解は進みました。しかし、それでもやはり学校には躊躇いがあります。指導する立場の学校が生徒を警察に引き渡す、といった構図は出来るだけ避けたいのが本音です。安易に警察力に頼ったと、学校の日頃の指導のあり方を問われる恐れもあるからです。

 学校で何か不祥事が起きると、マスコミは学校や教育委員会を非難します。学校には捜査権などありませんし、加害者と「想定される」生徒には人権上の配慮もしなければなりません。日常的な生徒指導の域を越えた「事件」に対しては、学校の処理能力はかなり限定的となります。マスコミもずるいですから、加害者を責めるよりも学校や教育委員会をまず非難します。分かり易くて読者の関心を惹く部分だけを取り出し拡大してまな板に乗せます。表には出てこない様々な背景や事情もありますが、それは概ね無視されます。まな板に乗せられた部分も事実の一部であることには間違いありませんから、学校も教育委員会も極めて釈明が難しい立場に立たされます。マスコミは煽り立てます。緊急の保護者集会には、普段はあまり学校へ足を運ばない保護者までやって来て学校批判を始めます。マスコミはそれを更に記事にします。こうして、「学校や教育委員会は何をやっているんだ!」の嵐が巻き起こります。世論の過熱と逸脱を見定めた頃、ようやくマスコミは言い出します。「ここはひとつ冷静な事実確認が必要だ」。自身が煽りの張本人だったことには頬被りです。

 隠蔽するというよりも、むしろ学校は全てをオープンにしたくても出来ない、というのがより真実に近いと思います。警察が入って立件して裁判にしてもらうのが一番だと思います。問題点や学校が抱える困難点がより明確になるでしょう。私が言いたいことはただ一つです。学校はかなりの制約の中で苦しい努力を強いられているということへの、世間一般の理解が乏しいということに他なりません。少し学校の味方をし過ぎたかもしれませんが。

« 言うほどには簡単にいかない(その1) | トップページ | 100年なら指呼の間 »

教育・学校」カテゴリの記事

コメント

monさんへ
コメント、あいがとうございます。
みんな不安ですので、どこか弱いところ(または話を聞いてくれるところ)に怒りをぶつけたいのです。いじめっ子はいじめられっ子へ、保護者は学校へ、原発再稼働反対のデモ隊は政府へ・・・。不安がそこら中に渦巻いています。   くりりん

こんにちは~
いつの時代もワルはいましたが、
最近は、ドラマのような出来事が多いです。
それに、謙虚な気持ちを持つ人がいなくなり、
ワガママに言いたいことばかりです。
 自由というものを、誤解しているみたいです。

マリーナさんへ
コメント、ありがとうございます。
学校をある種特殊な場所(聖域視?)という考え(思い込み?)がネックになっている気がします。難しいかもしれませんが、この見方が教師にも世間にもなくなれば、もう少しは学校の危機管理の手順がスムーズになるでしょう。どんどん公開することによる危険性(この場合は、人権侵害など)もありますが、公開しない(隠す)ことによる混乱や、隠蔽が露呈した場合の事態の悪化よりもましでしょう。当事者ではないので、今回の場合はよく分かりませんが・・・。   くりりん

今回の大津中学の問題にしても、まず第一に責められるべきは、いじめの張本人である3人の学生です。マスコミ報道ではほとんどこの点に触れられてません。もちろん本人の名前を公表しろと言ってるんではありません(本音を言えば公表しろ・ネットでみて知ったけど)。その後に学校や教育委員会の日ごろの対応、事件後の対応がどうであったかを冷静に判断して、批判すべきは批判すればいいと思います。それにしても後手後手になる今回の大津中学の事件は酷い。全てがそうだとは思いませんが、やはり教育現場の部外者からみると、学校・教育委員会は責任問題になるのを極度に恐れたあまり、その責任がかえって大きなものになってしまったようです。まあいろいろな経緯があったんでしょうけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言うほどには簡単にいかない(その2):

« 言うほどには簡単にいかない(その1) | トップページ | 100年なら指呼の間 »