« イケイケドンドン文化(袋叩き文化) | トップページ | 人間は信用が第一(分かり易く国民にも説明、は無理かも) »

2014年5月23日 (金)

体育祭の行進練習は今でもあるのかな

 中学校では毎年春か秋に体育祭があります。体育祭が近づくと予行練習が行われます。各競技を段取りよくこなせるよう、当日の動きを事前に練習するのです。随分と昔のことになりますが、私はかつて入場行進の予行練習で生徒にグランドを何周も何周も回るよう指示していました。左右の足の運びは全員が揃えるよう、振る左右の手は肩の高さまで上げるよう、体操着の上着の裾は短パンやブルマ(今は女子も短パンですが)の中に入れるよう、ジャージは着用しないよう、等の指導をしました。全員が同じ格好で同じ動きが一斉にできれば、隊列の行進はそれは見事になります。行進がうまく出来た時は先生たちも喜びました。うまくいかない時はその日の練習は行進練習だけになり、生徒たちの不評を買いました。

 今でもそんな指導を徹底している中学校があるのかどうか知りません。そもそも行進の予行練習なんて今どれくらいあるのでしょうか。体育祭(運動会)自体が世界では稀な学校行事だろうと思いますが、ましてや予行練習や行進練習は、多分世界では日本だけでしょう。集団行動の美や規律に重きを置く考え方が、昔は今より強かったのかもしれません。そう言えば、高校野球の開会式での球児たちの入場行進も、最近は昔ほどには堅苦しくなくなったような感じがします。

 今考えると、どうしてあの時あんなことをしていたのか、あんなことに一生懸命頑張っていたのか、ということがままあります。上記はその一例です。その世界にどっぷりと浸かっている時には気づかず、後になって少し変だと気づく、そいういうことがあるのです。多分、他の世界でも似たようなことが起きているのではないでしょうか。

<参考>
「ジャージ登校はいいか悪いか」2013.8.2
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-90b2.html

<今日のメロディー>
「oh-makiba-ha-midori.mid」をダウンロード
おお牧場はみどり♪

ゴーヤ2苗とミニトマト2苗を今年もベランダで植えました。
2014.5.22
005

« イケイケドンドン文化(袋叩き文化) | トップページ | 人間は信用が第一(分かり易く国民にも説明、は無理かも) »

教育・学校」カテゴリの記事

コメント

マリーナさんへ
コメント、ありがとうございます。
確かに、北朝鮮の兵隊さんの行進は凄いですね。私のみるところ、民主化の遅れている国の軍隊ほど、兵隊さんの行進は手足の動作が大きくなります。不気味な感じがしますね。 くりりん

会社の仕事でも、若い頃によく同じことがありました。やっている仕事の目的がよく解っていない為、無駄なことでも言われた通り一生懸命やってました。目的・意義を理解していたらもっと業務改善できたはずです。
高校野球の入場行進はまたちょっと違った意味合いでしょうけど。あれは北朝鮮軍の行進にどこか似たところがありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体育祭の行進練習は今でもあるのかな:

« イケイケドンドン文化(袋叩き文化) | トップページ | 人間は信用が第一(分かり易く国民にも説明、は無理かも) »