« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月28日 (火)

学校はいつも悩みます

我が子をしつける自信がない親は、例えばケータイの扱いなどを学校で決めて欲しい、つまりは禁止して欲しいと要求してきます。一方で学校でそれを決めると、そんなことまで学校が禁止するのはプライバシーや表現の自由の侵害だと、別の親から苦情が来ます。学校の強力な指導を求める親と、各家庭の価値観や子どもの自主性を尊重するよう求める親に挟まれて、学校はしばしば悩むことになります。

学校として一貫した指導を行うために校則は必要です。校則がないと、どうしても教師の判断に幅ができてしまい、その結果指導にもズレが生じてしまいます。具体的に言えば、A先生はいいと言ったのに、どうしてB先生はダメと言うのか、といった類の苦情が出てくる恐れがあります。校則があれば、その学校のどの先生も同じ歩調で指導ができるという利点があります。力で抑えるのが難しい女の先生や指導力のない先生にも、校則は有効な指導手段となります。

一方で、校則は一度出来上がると微に入り細に入る傾向があります。そうなると、専ら守らせるためだけの指導に教師は追われ、時間とエネルギーを費やすことになります。自分で考えて行動する生徒も、自分で判断して指導する教師も育ちません。車のハンドル同様で、学校の指導にも余裕や遊びの部分が必要です。従って校則もガチガチではなく幅が必要になりますが、幅がある校則の運用には教師の十分な指導力が基盤となります。校則に頼るか教師の指導力に期待するか、学校は生徒の成長の度合いと教師集団の力量とを計り比べながら、ここでもまた悩むことになります。

世界各国のコロナ対策でも、国家が国民に強権を発動するやり方と、概ね国民の判断に任せるやり方と、両方があるようです。日本では、国民からもっと厳しくしろと今政府が責められているところです。双方の主張に挟まれて、国もやり方を悩んでいます。学校と同じです。

<参照>
「指導と自主性」2009.9.11
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-5585.html

「教育・学校」編 バックナンバー
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-d1e82d.html

<今日のメロディー>
背比べ♬
https://youtu.be/R0lbh28MAGk

薬師池公園 2020.4.28
P1050828

P1050825

P1050821

 

2020年4月24日 (金)

モーツァルトでトマトを甘くできるなら

モーツァルトの曲を聴かせると生長が早まる野菜があるそうです。この栽培方法を実際に取り入れている農家がすでにあります。麹菌にモーツァルトを聴かせて発育を促し、良質の酒造りをしている酒造店があります。音楽醸造酒「モーツァルト」と名前までつけています。モーツァルトの音楽に多く含まれる高周波音域の振動による効果だろうと言われています。最初は本当かいなと思いましたが、どうやら本当のようです。

植物や細菌だけではありません。モーツァルトを聴かせると乳牛の乳の出がよくなる、という話も聞きました。人のうつ病の改善にも、モーツァルトの曲が効果的だと聞いたことがあります。特定の音の振動は、脳への心地よい刺激を与えて心を落ち着かせる効果があるのでしょう。音楽によるこうした効果が確かなら、ニワトリの産卵率を高めたり、ブタの肥育を促進したり、漁場で魚を呼び寄せて漁獲量アップを可能にする音楽やある種の音もきっと見つかるでしょう。

特定の種類の生き物を誘引したり遠ざけたり音は簡単に見つかるでしょう。人間の耳には聞こえないような高周波又は低周波のある種の音を出して、ゴキブリの生殖能力を破壊するようなことも将来できるようになるかもしれません。恐ろしいことを考えつきました。人の脳の中の、怒りや攻撃の感情を司る部分に電極を埋め込んで、外部から遠隔操作である種の音でそこを刺激すれば、とりわけ格闘技の選手には有効かもしれません。ドーピング検査も通るでしょう。このやり方なら、戦闘前に一斉に戦闘能力の高い兵士を大量に作ることも可能になります。建物を破壊することなく、音の波動だけで人を殺すことができるような兵器だってそのうち作られるかもしれません。 

TV画面にほんの一瞬映し出され、無意識のうちに視た画像が視聴者をある種の欲望や判断へ誘い込む、そういうサブリミナル効果のことが一時話題になりました。私たちの知らないうちに、誰かがもうすでにある種の音を、私たちの脳の潜在意識下へ密かに送り続けているかもしれません。私たちが扇動されやすいのはそのせいかも。

<参考>
「宇宙・SF」編 バックナンバー
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-b1a44b.html

四季の森公園 2020.4.22
P1050811

P1050813

 

 

 

 

2020年4月21日 (火)

権力者の苦渋

反対運動している人たちがいます。純粋さは彼らの主張を補強する武器のひとつになりますが、それは同時に、あるべき考え方の幅や発展性を阻害する諸刃の剣と言えないでしょうか。彼らは安全地帯に逃げ込んでいるように私には思えます。

現実の問題は利害が複雑に入り組んでいます。その問題を解こうにも、そもそも100%の正解がありません。恐らくは60%から70%程度の正解を求めて、私たちはその間をウロウロします。その程度の正解ですら、その時の社会環境や時代背景によってなおフロートします。頼みの民意さえ必ずしも正解と言えないことは、これまでの歴史が証明しています。

こうして私たちは不安に駆られ、100%の解を求めて分かりやすい安全地帯に逃げ込もうとします。ある問題に対して自分の考えや立場を純粋化単純化することは、自身の安心安定につながります。通常の心理としては当然かもしれません。

一方、国を指導する人たちの責任は重大です。彼らは、100%の解のある安全地帯など幻であることをよく知っています。白黒のはっきりしないグレーの中から選択し決断しなければなりません。どういう決断をしても100%の正解はありませんから、どっかから必ず攻撃の火の手があがります。時には民意さえも説得しながら、現実を見据えて苦渋の選択苦渋の決断をしなければなりません。それでいて、生きているうちは滅多に評価されることもないでしょう。

国民の大半は権力者の苦渋を知りません。私も知りません。強い権限と高い給料をもらっても、重い責任でがんじがらめです。いつも文句ばっかり言っている私ですが、権力者は実に孤独で可哀想だと時々は思います。少し味方しすぎたかもしれませんが、期待を込めて今回は応援しました。

お掃除小僧 2020.3.6 誰かに似ている
P1050713

P1050711_20200421094901

2020年4月17日 (金)

あの人は嫌いだから

あの人が嫌いだから、その人の言動全てに反感を覚えてしまう。たまにその人が客観的に善いことをした場合にも、その行動の裏を考えてしまい、やはり反感を覚えてしまう。そういうことがよくあります。特に主義主張が違う人については、たとえその人がどんな言動をしても反感にしかなりません。

あの人が嫌いだと思うと、更にその人の嫌いな部分を無意識のうちに探してしまいます。見つければ、「だから嫌いなんだよ」と納得できます。自分の嫌いな感情に正当性を持たせたいのです。

その心理を考えてみました。人間の心理は不安を避けて安心を求める傾向があります。安心したいために人間は考え、その通りに行動します。好ましい人は好ましいままに、嫌いな人は嫌いなままに、出来ればそうあって欲しいと願っています。嫌いな人がある時には好ましい人になれば、自分の心が揺らぎ不安定になってしまいます。その不安定さを避けたくて、あの人は嫌いな人のままでいなければならないのです。

 ネットで見つけた文が面白い(→そういえば、着実に81歳に近づいている)
P1050809

 

2020年4月15日 (水)

イルカに訊け

動物や植物のあるものは、驚異的な感覚の鋭さを保持しています。クジラは数百キロ離れた仲間の声を聞き分け、ガン細胞のにおいを嗅ぎ分ける犬もいます。自分の死を事前に悟って、自ら仲間を離れて墓場へ行く動物もいるそうです。洪水が来る前に、一斉に高台に巣を移動する虫がいます。虫に葉を食べられると、近くの仲間の木へ合図を出して虫の嫌がる成分を出すよう促す植物もあるそうです。

彼らの一部は、その驚異的な能力を使って天変地異を事前に察知しているようです。例えば東日本大震災の時も、地震や津波の起こるだいぶ前に、かすかな音やにおいや微震動を感じ、異変をいち早く察知して避難した海洋生物がたくさんいたはずだと思います。彼らは確かに何かを感じています。予知能力というよりも危険察知能力と言った方がよいでしょう。残念ながら人間は、脳が発達して計画性や工夫の対応能力を獲得した代わりに、こうした察知能力の大半を失ったようです。

震源域に生息するクジラ、イルカ、海鳥、魚類などのうち、比較的長命な海洋動物にGPS機能を取り付けたらどうでしょう。彼らの普段の周回行動を予め記録し、通常のそれとは明確に異なる異様な行動を一斉に取り出したら要注意です。緊急地震速報は地震発生のせいぜい数分前です。東大の地震研だって4年のうちに70%です。あまり当てには出来ません。イルカに訊けば一日前に分かるかもしれません。

 

2020年4月10日 (金)

遠い記憶

猿は生まれつき蛇が大嫌いです。蛇を見ると大騒ぎするそうです。人間も概ね蛇が嫌いです。でもなぜなのでしょう。蛇が害を及ぼす危険な存在だという記憶が、種族の長い年月にわたる経験から、脳の奥深いところに刷り込まれているのでしょう。だとしたら、経験による記憶も遺伝する、ということなのでしょうか。

同じことがにおいについても言えます。人が不快だと感じるにおいが概ね共通なのはなぜなのでしょう。例えばウンコはなぜくさいのでしょう。人間の体から出たものですから、人によっては良いにおいだという人がいてもおかしくないはずだと思うのですが、どうしてほぼ全ての人にとってウンコはくさいのでしょう。一方、良いにおいはその点、例えばその香水のにおいは嫌いだという人もたまにいて、もう少し幅があるような気がします。腐敗した食べ物とか、体に害を与える危険性のあるものを避けるように、そのものをくさいと感知して忌避するように脳のどこかが仕組まれているのでしょう。もしそうなら、その仕組みはにおいの経験と記憶から作られていることになります。

音はどうでしょう。ガラスに爪を立ててこする音をほぼ全ての人が嫌がるのはなぜでしょう。その音の周波数が人間の耳に不快感を与えると言いますが、なぜそうなのでしょう。私たちが猿よりもっと前のネズミのような哺乳類だった頃、同じ周波数の鳴き声を持つ天敵がいたのかもしれません。もしそうなら、音にも種族の記憶があることになります。

今そう感じるようになってしまっていることの全てには、淘汰の嵐をくぐり抜けてきた生物学的由来が必ずあるはず、と思います。そのものを避けて、あるいは好んで生き残ったものが子孫を残したのでしょう。一番いい実験は、経験のない1歳くらいの赤ちゃん100人で試してみることです。ヒト種族の遠い記憶が、赤ちゃんの中に今もなお生きている可能性を発見できるかもしれません。

<今日のメロディー>
春風♬
https://youtu.be/BYg45i3wQVM

 

 

2020年4月 7日 (火)

止まっているものは何ひとつない

地球が1回自転すると1日になります。自転速度は時速1700㎞で、新幹線の5倍の速度です。地球は自転しながら太陽の周りを公転しています。1年かけて1周します。その公転速度は時速10万㎞で、スペースシャトルの5倍の速度です。太陽を中心とした太陽系は、それごと天の川銀河の中心の周りを回っています。2億2600万年かけて銀河系内を1公転します。その公転速度は時速80万㎞です。そして天の川銀河自体も、それごと膨張する宇宙の中を超高速移動しています。その速度は時速216万㎞で、時速300㎞の新幹線の7200倍の速度です。自転、公転速度は最近調べて知りました。

地球は(つまりは乗員の私たちも)自らも回転しながら太陽の周囲を回り、同時に太陽系の仲間と一緒に銀河系内を回りながら、同時に銀河系の仲間と一緒に大宇宙の中を高速移動しています。私たちは、回りながら回りながら回りながら、同時に想像を絶する超スピードで移動しているわけです。立ち止まっているものは何ひとつありません。

生命も星も宇宙も、変化(運動)を絶えず繰り返しながら成長し老化します。そして新しい生命新しい星新しい宇宙へと循環します。変化は循環の一工程です。万物を一貫して規定しているのは、変化と循環のエネルギーだと私は解釈しました。

<参考>
「宇宙・SF」編バックナンバー
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-b1a44b.html

慈眼寺前の花桃 2020.4.3
P1050795
P1050788


2020年4月 3日 (金)

正しく恐れるとはどういう意味か、新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの蔓延が止まりません。2日の朝刊で、世界で感染者総数81万人超、死者数4万人超、そのうちイタリアでは死者数1万2千人を超えています。日本の感染者数は3,205人、死者数は80人(共にクルーズ船を含む)と発表されています。3月29日には、コメディアンの志村けんさんが感染して亡くなりました。

若い人は感染しても自覚症状のない人もいます。自覚症状がないので出歩き、他人に感染させてしまいます。潜伏期間が長いのもこのウイルスの特徴です。長い人で2週間です。2週間のうちに、自分は大丈夫と思って他人に感染させてしまいます。このウイルスは、生き残るため、仲間を増やすために、人々を媒体にして実に巧みに活動しています。

インフルエンザに罹って日本では毎年1万人以上が亡くなっている、と聞き及びました。日本では流行期を前にワクチンを接種しているにもかかわらず、の数字です。そうすると、ワクチンが未だに作られていない新型コロナウイルスでは、1年間で1万人以上が亡くなるという計算が成り立ちます。

コロナウイルスは暖かくなっても発生を抑えられない、と聞きました。インフルエンザは毎年冬にやってくるのが主流です。コロナウイルスは冬に限らず発生するのでしょうか。そうなれば、冬が主流のインフルエンザが死者数1万人なら、四季を通じて発生するコロナウイルスは死者数1万人以上になるという計算が成り立ちます。

最初の頃、コロナウイルスを正しく恐れる、という文言がよく言われていました。その背景には、手洗いとうがい等を徹底すればコロナを抑え込める、と安易に考えていたようです。ところが蔓延は止まりません。今の合言葉は、三密(密集・密閉・密接)を避けろ、となっています。

インフルエンザは毎年経験しています。私は2回罹る冬もあります。年齢別の致死率のデータ、とりわけ高齢者の致死率を、毎年のインフルエンザと今回の新型コロナウイルスを対比して出せないのでしょうか。インフルエンザと対比することによって、コロナウイルスをどのくらい恐れればいいのかが分かります。敵は見えないので、正しく恐れるにはデータが必要です。

人類は見えない敵と戦っています。隣の人が感染者かもしれません。ここにコロナウイルスがついているかもしれません。このように疑心暗鬼になります。差別や医療関係者への嫌がらせも起きています。人々の不安が渦巻いています。今、見えない敵に私たちの心の強さを試されています。   

<今日のメロディー>
さくらさくら♬
//youtu.be/7fahl47XcPA

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »