« 人生常に波高し | トップページ | 女にできない苦笑い »

2020年5月15日 (金)

子どものケンカ

小学生の子どもたちと毎日遊んでいた頃のことです。子どもだから仕方がありませんが、子ども同士実によくケンカをします。原因は大抵大したことではありませんが、見ていて気づいたことがあります。

自分が最初に相手に対して行った言動(言葉や行為)が、どのくらい相手に嫌な思いを与え、相手を傷つけているかに気づかない子がいます。だからその言動に対して相手が反撃してきた時、その原因を自分が作っていることには思い至らないため、自分の方が先に攻撃されたと思い込みます。そして更に激しい言動でその反撃に応えてしまうのです。結果、大ゲンカになります。双方とも相手が先に言った、先に手を出したと非難の応酬になります。

一方で、自己抑制力が足らない子がいます。自己防衛が強く、普通ならそのままやり過ごせることにも引っかかって反応してしまう、他人の言動に敏感すぎる子がいます。

この両者が出会ってしまうと、悶着が起きる可能性は極めて高くなります。もし、自分の言動には鈍感なのに他人の言動には敏感、この両方の特性を一人で併せ持つ子がいれば、それはかなり厄介な存在となります。

子どものケンカと言っていますが、実は大人のケンカも同じです。日韓のケンカも、米中のケンカも、まあ同じようなものでしょう。


緑いっぱい 2020.5.14
P1050878  


<今日のメロディー>

夏は来ぬ♬
https://youtu.be/XQm1qk53suc

« 人生常に波高し | トップページ | 女にできない苦笑い »

教育・学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生常に波高し | トップページ | 女にできない苦笑い »