« 待ち遠しいロボット | トップページ | 細菌も人も星も »

2020年6月30日 (火)

省く人

最近の結婚式では仲人さんを立てません。結納結婚式披露宴新婚旅行といった、結婚の流れ自体がなくなりつつあります。親しい友人だけが集まって、会費制のお披露目パーティーをやるくらいでしょうか。それすらやらず、新生活の準備に費用をかけるといった現実派がどんどん増えているようです。そもそも若い人が結婚しません。結婚自体が難しい世相です。たとえ結婚するとしても、若い人たちの暮らし向きが苦しくて、とても昔のような形で結婚式を挙げるのは経済的にも無理、といった事情もあるのでしょう。

お葬式の方も簡素化簡便化が進んでいます。通夜告別式を昔のような形式でやる人が激減している感じがします。家族葬とか直葬がどんどん増えています。お墓も昔のようなお墓はなくなりそうです。墓石の代わりに記念樹を植える樹木葬とか、遺灰を海に撒いてもらうだけの散骨葬も出てきました。家族親類が故人を偲ぶ○○回忌もなくなる傾向かもしれません。

年賀状を出す人が年々少なくなっているとニュースで言っていました。年賀状がそうなら暑中見舞いはもっとそうでしょう。出来上がりのおせち料理が最近はあちこちで売られています。手作りのおせち料理はもう影が薄いことが分かります。門松や元旦の国旗掲揚もほぼ絶滅です。だいいち久しい以前に個人の家に国旗はなくなっています。節分、雛祭り、端午の節句、七五三だっていつまで続くか怪しいものです。

形式を省くとか合理性とか言いますが、要するにお金もかかるし面倒だ、というのが本音でしょう。そしてもうひとつ、人と人との直接的な交流が少なくなっていることも背景にあるように感じます。新型コロナがその動きを加速させました。それでいてバレンタインだハロウィンだクリスマスイルミネーションだと、軽いノリで騒げる洋モノは隆盛です。コミュニケーションの希薄さをかろうじて洋モノで補っているのでしょうか。省く人も本当は寂しいのかもしれません。

あとは色づくのを待つだけ(ベランダのミニトマトとブラックベリー)2020.6.29
P1050978
P1050980

 

« 待ち遠しいロボット | トップページ | 細菌も人も星も »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 待ち遠しいロボット | トップページ | 細菌も人も星も »