« 死ねなくなる時代 | トップページ | 待ち遠しいロボット »

2020年6月23日 (火)

このゴミの処理はどうするの

メール、ホームページ、ブログ、ツィッター、フェイスブック、ユーチューブ。他にもまだあるかもしれませんが、疎い私には分かりません。毎日吐き出される膨大な量の情報が、ネット上で溢れかえっています。何度も繰り返し検索され活用される情報がある一方、一度読まれたら二度と読まれない情報もあるでしょう。と言うより、ほとんどの情報が一回ぽっきりでしょう。誰も読まない二度と活用されない情報は、まあそう言ったら失礼ですがゴミです。最終的にはどうなるのでしょう。一定の期間が過ぎたら、こうした情報はネット上から自然消滅するのでしょうか。それとも永遠に垂れ流され続けるのでしょうか。例えば私のブログ記事は、私が死んだ後も幽霊のようにサイバー空間を漂い続けるのでしょうか。だとすればいい迷惑です。

世界各国がこれまで打ち上げた人工衛星やロケットの残骸破片が地球の周りを漂っています。その数は小さいものを含めると数千万個だそうです。増える一方の宇宙ゴミです。太陽系第三惑星の地球から、人類が発した各種電波が光速で宇宙空間に向かってはき出され続けています。この量も半端ではありません。地球から排出された膨大な量の電波は、最終的にはどこへ行き着くのでしょう。自然消滅するのでしょうか。宇宙に1000億以上ある銀河のうち、私たちの銀河のすぐお隣の銀河まででも、光速で230万年かかります。どこかで宇宙の知的生命体にキャッチされるまで、電波も宇宙空間を永遠に漂い続けるのでしょうか。キャッチした宇宙人が光速の探査機を出しても、地球に到達するにはもう230万年かかります。そうしてようやく発見するのは、地球文明滅亡後の瓦礫の山の人類遺跡かもしれません。そうなれば、地球丸ごとが宇宙のゴミです。

原発の汚染水や汚染土嚢もそうです。処理の仕方とかなるべく出さない工夫とか分別とか、考えなくてもいいのでしょうか。

<今日のメロディー>
かたつむり♬
https://youtu.be/8rYe8NSWEUQ

« 死ねなくなる時代 | トップページ | 待ち遠しいロボット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 死ねなくなる時代 | トップページ | 待ち遠しいロボット »