« マスクをする、しない(三者三様) | トップページ | エスケープ・フロム・アンニュイ »

2020年7月14日 (火)

あいまい文化(突き詰めない日本人)

小利口(小馬鹿)、小綺麗(小汚い)、小賢しい、小生意気、小難しい、小粋。小で始まる言葉は結構たくさんあります。小耳、小鼻、小首、小腹、小一時間などもあります。小を使うことで意図的に少しポイントをずらし、曖昧さを保ちながらそこに別のニュアンスも加えています。ストレートは野暮だ避けたいという気持ちも窺えます。

曖昧なジャパニーズ・スマイルは、外国人からは不可解と言われます。親族の葬式でさえ微笑む日本人の心情は、確かに外国人には理解が難しいかもしれません。相手を同じ悲しい気持ちにさせまいという配慮や、他人に自分の悲しみをストレートに見せることへのためらいは、日本人に独特の心情でしょうか。ストレートなリアルさを競う西洋の蝋人形に日本人がやや違和感を覚えてしまうのも、多少はこれと関係があるかもしれません。

私たちは家族でクリスマスを楽しんだあと、初詣に神社へ行き、お葬式の時はお寺さんを頼ります。こだわりが少なく、曖昧なまま吸収し消化する文化です。主張が弱く不明確で玉虫色のため誤解を受ける可能性もありますが、自他を追いつめずに妥協と言い訳の余地を残します。自分にも相手にも優しく協調性にすぐれます。ずらしてぼかして曖昧さを残すのは、日本人と日本文化の主要な構成要素の一つのような気もします。

日本的なものへの反省や批判はいくらでも耳にしますので、良い点にもふれてみようと試みました。が、どうもうまくいかなかったようです。お後を宜しく。

 

« マスクをする、しない(三者三様) | トップページ | エスケープ・フロム・アンニュイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マスクをする、しない(三者三様) | トップページ | エスケープ・フロム・アンニュイ »