« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月28日 (金)

意識化すれば実現する(思うは招く)

「相手が電話に出なかったのは私が嫌いだからだ」、「通りすがりにあの人が笑ったのは私をバカにしているんだ」(←根拠のない決めつけ)。「これが失敗した。だから他のものも私は全部ダメだ」(←過度の一般化)。「100点でなければ0点と同じだ」(←「ゼロか100か」思考)。こうしたネガティブな感情(つまりは、不安や怒りや自信喪失)は自然に湧いてきます。認知のクセ(自動思考)です。周囲は油断ならない人たちばかりと考え、なんとなく気付いている弱い自分を彼らからこうして守ろうとします。無意識の自己防衛です。

自己防衛の根底には何があるのでしょう。仲間外れにされたくない、他人に認めてもらいたい気持ち(承認欲求)があります。他人からバカにされたくない、他人よりも優れたい気持ち(優越欲求)もあります。優越性の追求は人間の本質ですが、過度な優越欲求の裏側には劣等コンプレックスがあります。劣等コンプレックスを持っているからこそ、優越欲求が強いのです。自己防衛が強い人ほど、過去の失態や失言を反芻します。他人にどう思われるか、他人の評価を怖がります。ネガティブな感情はより強く、頻繁に出てきます。

ネガティブな感情で悩んでいる人は実はたくさんいます。私もそうだと思います。人は、自分が持っている予測を現実化する行動をとる無意識の傾向があります。その予測(人生脚本)の現実化として自分の人生を生きています。人生を悲観的(ネガティブ)に見ていれば悲しく重い人生を送ることになり、人生を楽観的(ポジティブ)に見ていれば楽しく明るい人生を送ります。

ネガティブな感情は自然と湧いてきますが、ポジティブな感情は意志によって起こります。それを固く信じていれば、それは実現します。すべては認知次第です。認知が人の成り立ちと人生を作ります。

人生の最終盤に差し掛かり、ようやくこのことを分かりかけています。時折、認知のクセには負けそうになりますが、誰しもが悩みと心の傷を持っていて、その中を必死に生きている、と思って私も生きています。

<参照>
「思うは招く(脳は信じやすい)」2019.7.23
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-3a0b48.html

ベランダに元々設えてあったプランター。来年の全戸一斉の工事以降は、このプランターの中に土を入れてはいけないことになった。爆裂を避けるため。(上の写真は私のベランダの爆裂)この工事の準備のために、私は花が終わったランタナの枝を切り、キリタンサスの葉っぱを刈り取った。(下の写真)
P1060103
P1060099

 

 

 

2020年8月25日 (火)

存在と無の境目

宇宙はどんどんと膨張しているそうですが、膨張の外側には何があるのでしょう。何もなくて「無」だと学者は言いますが、無とは何なんでしょう。そこは多分、時間も空間もない世界なのでしょうが、そういう世界が私には想像ができません。私が死んだ後の私の認識は無になりますが、それと似た世界なのでしょうか。そもそも膨張する宇宙と無の境目はどうなっているのでしょう。やはり不思議です。

極大の世界を宇宙とすれば、極小の世界は素粒子でしょうか。分子→原子→原子核→陽子、中性子、電子→素粒子と、どんどんと最小の単位が見つかっています。物質を細分化していって最後にたどり着く究極の単位が素粒子だそうです。新しい素粒子も次々と見つかっています。もうこれ以上細分化できない最小の単位という存在が、これまた私の理解を超えています。その存在にそれ以上小さな構成要素がないとすれば、それは一体何で出来ているのでしょうか。存在と無の境目はやはり不思議です。

極大と極小のそのどちらもが無と隣り合わせだとすれば、無は極大と極小の接着剤かもしれません。接着剤は無ですから、当然極大と極小も隣り合わせになります。ドーナツのようにぐるりと一周しているのでしょうか。宇宙の研究に素粒子論が必要な理由も、これで少し合点がいきました。


近所の人からのもらいもの(赤いオクラがあるのを初めて知った)
P1060084-2

2020年8月21日 (金)

PCR検査

PCR検査を受け、3日後に結果が陰性だっとしても、検査日の翌日に感染しているかもしれません。仮に陰性証明書をもらったとしても、検査日当日に感染していないだけの証明にしかなりません。

PCR検査自体が、100%完璧な精度の検査ではありません。時々間違えます。あるいは感染していてもその人の進行が遅く、陽性反応が出てこないこともあります。70%程度の精度になります。

PCR検査は、症状(発熱、咳、だるさなど)が出た人(医師が認めた場合)や、濃厚接触者に限って検査したほうがよいと思います。感染防止の目的があるので、検査費用は公費負担で無料になります。国や自治体の責任ですが、これらの人は早めに検査を受ける必要があります。他には、高齢者と持病のある人の死亡率が高いので、高齢者施設に入所する人、これから他の病気で入院する人、高齢者施設や病院で働く従事者、及び日本に入国する人が対象でしょう。

上記以外の希望者すべてにPCR検査しても、今の日本の体制では医療資源とお金の無駄だと思います。やるなら国民全員を定期的(年間数回)に、しかも無料でやるべきです。そうすれば無症状の感染者を見つけて隔離できるし、貴重なデータとなる国民の感染率も明らかになるでしょう。

もっと言えば、PCR検査の結果、万一陽性になっても、感染者への差別や排除は最も有害です。無駄や有害なことは、やらない方がよいと思います。

ベランダで育てたブラックベリーを冷凍した。これからジャムにするつもり。昨年の収穫はこの3倍だったのに。
P1060091

 

2020年8月18日 (火)

青い鳥は籠の中

仕事が滅茶苦茶に忙しかった頃、会計処理で銀行へ行く時が唯一ほっとする時間でした。銀行の処理が終わった後、近くの公園で缶コーヒーを飲んで一息つきます。老人が公園のベンチに、何をするでもなくぽつねんと座っている姿をよく見かけました。ノンビリしていていいなあ、早くああなりたい、とその時は思いました。

現在は純粋の年金生活者となりました。今はまだやることが多少はありますが、もうしばらくすると、やることがない行くところがない、今日一日どうやって時間をつぶすか、そうなりそうです。今となって分かりました。何をやってもいいというのは、実はかなりの不自由です。あの時公園のベンチに座っていた老人を、そんなに羨ましがるほどのことはなかったのです。

今になって言えることですが、勉学に励んでいる頃、子育てに追われている頃、仕事に悩んでいる頃、多忙であってもそれらはみな目的のある大切な時間で、その隙間にある自由な時間はとても貴重でした。老後の今も大切な時間には違いありませんが、有り余る自由になって逆に自由の楽しさを見失おうとしています。自由の有難味を感じられるのは実は束縛の中にこそある、これが私の結論です。ひょっとすると幸せもそうかもしれません。

 

2020年8月14日 (金)

レッテルを貼れば安心

東電=情報隠し、沖縄の米軍=横暴、官僚=嘘つき、大企業=金儲け、政府=無策・・。私たちは他者にレッテルを貼るのが大好きです。そう言えば、教育委員会及び学校=保身、というレッテルもあります。日本=軍国主義という、中国や韓国が大好きなレッテルもあります。そうとばかりは言えないことを承知の上で、あえて相手にレッテルを貼ろうとします。どうして私たちはこうもレッテル貼りが好きなのでしょうか。

政党の主張を聞いていると、他党にレッテルを貼って自分の立ち位置を確保しようとする意図を感じます。どんな相手もどんな物事も複雑で多面性がありますから、自分が100%正しくて相手が100%間違っていることなんて滅多にありません。でも、野党なら与党を攻撃しないわけにはいきません。もし複雑な多面性に立ち入れば、自分の立ち位置が不明確になる恐れがあります。だから野党が分かり易いレッテルを与党に貼ろうとするのは、ある面やむを得ないのかもしれません。

そのレッテルが一部の真実に過ぎず全部の真実ではないことをたとえ理解していても、自分の主張を展開する上では、そのレッテルをスタートにした方が都合がよいのです。レッテルを貼っているうちに、相手はレッテル通りだと固く信じ込むこともできます。単純に分かり易くした方が安心なのです。反対に、レッテルとは違う相手の価値の一部でも認めれば、自分の立場や考え方への自信が揺らぎ不安定になるのが怖いのです。

こうして私たちは、他者への攻撃のため、そして自身の安心のため、今日もレッテル貼りに勤しみます。

<今日のメロディー>
虫のこえ♬
https://youtu.be/St1kFEFvEaw

2020年8月11日 (火)

私たちをはるかに超えた存在が

宇宙の歴史137億年の中で、地球は46億年前に誕生しました。誕生した地球にはその後たくさんの隕石が降り注ぎ、そうした隕石の一部にたまたま付着していた有機物のアミノ酸から地球に生命が誕生した、と言われています。私たち地球上の生命がここまでやってくるのには、実に46億年の気の遠くなるような歳月が必要だったわけです。

人類がチンパンジーから枝分かれしたのは700万年前です。地球の歴史から比べれば1/600にも足りませんが、とにかく700万年かけて人類はここまでやってきました。もし生きながらえているならばの話ですが、1億年後の人類は一体どこまで進歩しているでしょうか。700万年の14倍以上です。全く想像もできません。

地球よりも1億年前に誕生した星の中で、もし私たちと同じような知的生命が誕生したとすれば、「彼ら」は私たちより1億年先を走っていることになります。「彼ら」は宇宙の始まりと終わりを知っており、超越したテクノロジーで時間と空間の全てをコントロールしているかもしれません。宇宙の全てを知り尽くしコントロールして、ひょっとすると宇宙の終局を逃れる術も心得ているかもしれません。「彼ら」のテクノロジーが想像を絶するのは、私たちの1億年後がそうであるのと全く同様です。

既に「彼ら」はこの宇宙を支配していて、私たちはその存在に気がついていないだけかもしれません。地上の蟻が地球を支配する私たちに気づかないのと全く同様です。もしこの宇宙が知的生命で溢れているとすれば、その最先端を走る「彼ら」なら、決してあり得ない話ではないような気もします。

<今日のメロディー>
小さい秋みつけた♬
https://youtu.be/wtUNRjF7nQA

2020年8月 7日 (金)

ロボットのもうひつの未来

お掃除ロボ、介護ロボ、医療ロボ、癒しロボ、受付ロボ。ロボットが既に多方面で活躍しています。瓦礫だらけの福島原発の建物内を歩き回り、メルトダウンした核物質を処理するロボットもあります。ロボットの未来は私たちに明るい希望を持たせます。

善用ロボットがあるなら、悪用ロボットも開発可能です。家人の留守に掃除をしてくれるルンバがあるなら、家人の留守に勝手に動き回って家の中を嗅ぎ回る情報収集ルンバだってできるはずです。生産ラインのロボットにウィルスを送り込んで、ラインの破壊を命じることだって可能でしょう。アザラシ型の癒し系ロボットが急に人間に襲いかかったり、要人を狙う暗殺ロボ、一般人を無差別に襲うテロロボもできるかもしれません。

既にセコムでは、侵入者をいち早く感知して空中を飛びながら警告したり撮影したりするドローン型ロボットを完成させています。侵入型攻撃型ロボットを阻止するロボットも開発されるでしょう。人間が戦争を克服していなければ、未来社会では間違いなく戦闘用ロボットができるでしょう。もう出来ているかもしれません。最終的にはロボット同士が戦うことになります。古代ローマの剣闘士の戦いを見物したローマ人同様、そして今、 ボクシングの試合に熱狂する私たち同様、未来にはロボット同士の格闘技を私たちは見物するでしょう。

鉄腕アトムのように、ある日突然自分がロボットであることに気づいて、人間ではなかったことを悲しんだり、鬱になるロボットも出てくるかもしれません。

<今日のメロディー>
金魚の昼寝♬
https://youtu.be/I1LSiH6oceI

 

 

2020年8月 4日 (火)

日本人がマスクをする理由

日本人はほぼ全員がマスクをします。私もします。但しコロナには、マスクは完全防御ではありません。たとえマスクをしていても、マスクの品質やつけ方によって他人から感染(うつ)される場合があります。マスクをする主な理由は、自分から他人に感染(うつ)さないため、ということになります。

自分が無症状の感染者であった場合は、他人に感染させる恐れがあります。自分が感染者であることに自分で気づかない場合は、マスクは特に適切だと思います。そのあと自分が発症して陽性者だと判明すれば、2週間以内に会話した知人(濃厚接触者)にすべて連絡して、検査を受けてもらわなければなりません。迷惑を掛けることになります。その上、会った知人が陽性になったら、かなりの迷惑です。マスクをするのはこれを避けるためになります。

もう一つ理由があります。同調圧力です。マスクをしないと、周りには迷惑な人、変な人と思われるのを一番恐れるからです。感染すれば世間からバイキン扱いされます。この同調圧力はどこから来るのでしょう。 

地震と津波、噴火、台風、大雨と河川の氾濫。日本は自然災害の多い国です。山と川だらけの国です。自然災害のどれかが、毎年のように日本のどこかにやってきます。家を破壊し田畑を流し人命を奪います。せっかく実った稲穂も流されます。自然災害は誰の責任でもありません。被害に遭ったのも自分だけでなく、地域のみんな同じです。ある程度仕方ないものとして日本人は受け入れざるを得ませんでした。災害を受容しながらも、それでも再起する作業は一人では出来ません。地域のみんなで協力します。

日本人の協調性、秩序、我慢強さ、不屈の精神。こうした優れた特性は、恐らく毎年やってくる自然災害が与えたものでしょう。反面この特性は、同質性を保持するために、異質のものやよそ者を嫌い、自主性に欠けて扇動されやすい、といった負の特質も私たちに与えたようです。異物や異分子をあぶり出して排除や差別、SNSでの炎上や袋叩きなどです。孤立する不安が根底にあります。マスクしてみんな同じで安心したいのです。

<今日のメロディー>
水遊び♬
https://youtu.be/6xTpzULS83U

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »