« 夢はウソをつかない | トップページ | みんなと仲良くはできない »

2020年9月 4日 (金)

「それ」はいつ起きるのか、「これ」はいつ終わるのか

「2001年宇宙の旅」というSF映画は、今から52年前の1968年に初公開されました。地球外知的生命体との遭遇や、宇宙船内の人工知能HALが乗組員を攻撃するシーンなどがありました。SFですから空想は全くの自由ですが、そういうことも未来には起こり得るという多少の前提はあります。当時の人たちが2001年という近未来をどのように想像していたのかを、この映画からある程度窺い知ることができます。

翌年の1969年、アポロ11号が人類初の月面着陸を成し遂げました。それ以降、2000年代を舞台にしたたくさんのSFが生まれました。核戦争や核のテロ、ロボットが人間を襲う社会、知的生命体とのファーストコンタクトや宇宙人襲来等々が主要なテーマでした。今でも依然それらがSFの主要テーマであり続けています。ところが2000年代に入って既に20年が経ちますが、このどれもがまだ実際には起こっていません。知的生命体はおろか、単純な原始的生命すら地球以外の星では確認されていません。「それ」は一体いつ起きるのでしょうか。

それでいて戦争だけは相変わらずです。「2001年宇宙の旅」が公開された1968年に「プラハの春」がありました。旧ソ連軍がチェコに侵攻しました。その前後には第三次中東戦争、中ソ国境紛争がありました。1965年にアメリカが軍事介入したベトナム戦争は、およそ10年間続きました。

今でも戦争、内戦、紛争が世界のあちこちで続いています。チンパンジーと枝分かれした700万年前から、ヒトは水や食べ物をめぐって他のグループとずっと縄張り争いを繰り返してきました。700万年も続いたことですから、100年や200年くらいでは簡単に終わらないのでしょう。一体「これ」はいつ終わるのでしょうか。

<今日のメロディー>
里の秋♬
https://youtu.be/e2vkuDPLqYo

 

 

 

« 夢はウソをつかない | トップページ | みんなと仲良くはできない »

宇宙・SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢はウソをつかない | トップページ | みんなと仲良くはできない »