« この人誰だっけ | トップページ | 2027年問題 »

2020年9月15日 (火)

メサイアコンプレックス

他人にプレゼントしたがる人がいます。相手を喜ばせることが嬉しいのです。プレゼントをもらった相手は感謝の言葉しか言えません。その感謝が真実であれば、贈った人、もらった人の双方が幸せです。しかし、こういう場合もあります。その感謝はうわべだけで、本当はもらった人が有り難迷惑の場合です。

プレゼントする方は、自分は良いことをしたと単純に思い込んでいます。実は、感謝の言葉しか言えない立場に相手を追い込んでいます。プロのボランティアはいつもこのことについて思い巡らしています。相手の感謝は本当の感謝か、それともその感謝の裏側には有り難迷惑が隠されているのかも、と思い悩んでいます。

表題は、「誰かを救って自分自身の存在価値を証明したいという願望」を意味します。そういう願望があることは、本人にはなかなか自覚できません。無意識の願望です。その裏には抑圧された承認欲求があります。願望の結果は、悪意なき自己満足に陥ります。

善意にも、バスや電車の中で席を譲る小さな親切から、大は途上国への支援などアメリカの善意もあります。善意を施された側は有り難迷惑、善意を施した側は悪意なき自己満足。こうやってすれ違う場合もあるのです。

善意は誰からも文句を言える筋合いではありませんので、その扱いには、善意の実行者は常に気配りが必要です。


畑(他人の)からタネを拾ってきてうちのベランダに蒔いた。ようやく実ってきたシシトウ?
P1060163

« この人誰だっけ | トップページ | 2027年問題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この人誰だっけ | トップページ | 2027年問題 »