« 空気の力(「非国民!」は生きている) | トップページ | 現実と妥協する悪人か、不寛容な善人か »

2020年10月 6日 (火)

人間は難しい生き物

以前、職場の帰り道によくシェパードの老犬と出会いました。飼い主に連れられて、いつも同じ時刻に散歩をしているようでした。若い頃はきっと飼い主を振り切って颯爽と走っていたことでしょう。今は飼い主に促されながら、大きな体でヨタヨタと歩いています。そして時々立ち止まります。何でこんな体になってしまったのかと、シェパード自身も時には考えることがあるのでしょうか。彼は老いや死をどう考えているのでしょうか。

自らの今の老いを自覚するには、若くてまだ元気だった過去を振り返る脳が必要です。やがてやってくる自らの死を思うには、未来を予想する脳が必要です。人間以外の動物の脳は基本的には現在のことしか考えませんから、彼らが老いや死を考えることは多分ないだろうと想像しています。

人間の脳は、過去を振り返ることも未来を予想することも可能です。従って、自らの老いや死を考えることができます。ここが他の動物と決定的に異なるところでしょう。でも人間も動物の一種ですから、基本が現在なのは同じです。AKB48も乃木坂46もやがて老婆になっていずれ死ぬわけですが、彼ら自身もファンもそんなことは露にも思いません。頭では分かっていても思わない考えないということは、実際には理解していないのと同じです。

輝きの日が一瞬に過ぎないことを、輝きの真っ最中の人は理解できないのです。彼らは健康的に今を楽しんでいます。それはそれでいいわけですが、年寄りは「その日」が近づくにつれ、はっきりと理解します。老いて死ぬことが分かりつつ生きるとは、人間とはなんて難しい生き物だと思います。人間は過去や未来を考える知恵を授かりましたが、その代わり老いや死との難しい闘いを強いられています。


旧芝離宮恩賜庭園(浜離宮から15分ほど歩いて)2020.9.30
P1060296-2
P1060288-2

 

« 空気の力(「非国民!」は生きている) | トップページ | 現実と妥協する悪人か、不寛容な善人か »

定年後・高齢化社会」カテゴリの記事

コメント

ヨッキーさんへ
コメント、ありがとうございます。
「あまだれ」は10年前に戻って記事を再掲しています。時々編集したり、そのまま再掲したりしています。新作は月に1~2回くらいです。再掲を週1にすると、あと10年間かかることになります。それでは私の寿命が尽きます。それで週2(原則火金)にしました。「あれやったりこれやったり、玩具箱をひっ繰り返し、後始末もせず。気がついたらさようなら、これですかね」。同意します。その通りですね。  くりりん

最近「雨だれ」更新スピードが早いですね。
見ないうちに次が掲載載されるのでついていくのが大変です。
それとも私が雑用が多くて見逃してしまうのかもしれません。
1日があっという間に終わります。
別に纏まって何をするわけでもないのに気がつくと寝る時間になっています。
人は、詰まるところ、中途半端に生を終わってしまうんですね。
振り返れば、後先考えず、夢中にやっている最中が一番輝いていたんでしょうかね。
そう考えれば、死ぬその時まで、夢中で何かやるという生き方が至宝という事でしょうか。
あれやったりこれやったり、玩具箱を日繰り返し後始末もせず気がついたらさようなら、これですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空気の力(「非国民!」は生きている) | トップページ | 現実と妥協する悪人か、不寛容な善人か »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ