日記・コラム・つぶやき

2020年7月21日 (火)

その時々で両方をうまく使う(しかない)

ダメなことはダメと、きちんと厳しく子どもを叱ってくれる先生が学校には必要です。一方、子どもの主体性を尊重し、受容的な態度で子どもと接してくれる先生も必要です。この両方の立場を一人で使いこなせる先生がもしいれば、それは指導力のある先生ですが、現実にはなかなか難しいものがあります。そこで普通学校では、別々の先生がそれぞれの立場を自然と分担することになります。ところがこれがしばしば問題を引き起こすことになります。

厳しい先生は子どもに怖れられ、場合によっては嫌われます。やや損な役回りです。子どもに受容的な先生が次第に人気取りに見えてきます。そんなに甘やかすから子どもが言うことを聞かなくなる、と考えるようになります。一方で受容的な先生は厳しい先生に批判的になります。あんなに厳しくしては子どもは萎縮するか反発するだけ、と考えます。こうして学校内の指導の足並みは乱れてきます。

我が子の教育や躾をめぐって、同じことが家庭内でもしばしば起こります。父親「おまえが甘やかし過ぎるからだ!」母親「あなたが厳し過ぎるのよ!」、父親「おまえが普段口うるさく言い過ぎるからだ!」母親「たまににしか子どもと接しないくせに、あなたはいいとこ取りしているわ!」、とまあこんな具合です。両親の足並みも乱れてきます。

日本の対北朝鮮政策もまあ同じようなものです。厳しい対応で圧力をかければ、相手は余計頑なになり対話の窓口を閉ざしてしまうのでは、と批判されます。対話の窓口を閉ざさないよう慎重に事を運べば、だから北朝鮮はつけあがる、とこれまた批判されます。日本の対北朝鮮政策は今思案を余儀なくされています。

学校内でも家庭内でも国内でも意見の対立はいつもあります。だからといってこれが絶対といった正解は必ずしもありません。だから対立する必要は本来ないのです。その時々で両方をうまく使いこなすしかありません。

2020年7月17日 (金)

エスケープ・フロム・アンニュイ

犯罪を犯した若者に、取調官が問い質しました。「おまえ、何でこんな馬鹿なことをやったんだ!」。その時の若者の答えが表題です。「倦怠からの脱出」という意味です。こんな理由で犯罪をやられたらたまったものではありませんが、青年期特有の虚無感や格好づけもあったのでしょうか。だいぶ昔ですが、新聞記事で読んだ覚えがあります。

いつものように職場へ行くため朝家を出ました。でも途中から急に職場へ電話して、今日は体調がよくないので休むと伝えました。自宅の妻へは何の連絡もしませんでした。つまりは「ふけた」わけです。小心者の私には大冒険でした。どこかで一日遊んで夜に帰宅したところ、「どこ行ってたの!」と妻にきつく言われました。その日に限って、昼間に職場の同僚から私に仕事のことで問い合わせの電話があったそうです。職場と妻の双方に私のウソがばれてしまいました。妻には叱られ、翌日は職場の同僚から、「昨日は奥さんに怒られなかった?大丈夫だった?」と心配されてしまいました。たまたま当時私は目を患っていて、それを悩んで私がプチ家出でもしたと思った上司からは、「必ず治るから心配するな」と励まされてしまいました。散々な目にあいました。若い頃の経験です。私のエスケープ・フロム・アンニュイは、後にも先にもこの時一度だけです。

出勤途中で職場をずる休みして、「どうしてこうなったのかなあ」と温泉地の温泉に昼から浸かりながら中年男性がつぶやくテレビのCM(何のCMかは忘れた)が以前ありました。誰しもこれをやりたいと願っているんだなあとその時思いました。楽は苦の中にあってこその楽です。今私が同じことをやってもきっと楽しくないでしょう。現役の皆さんもやるなら今のうちです。コツは計画的でなく突如やることです。リフレッシュできますよ。但し、ばれないようにね。

第一次収穫(ベランダのミニトマト)2020.7.17
P1060019_20200718080301

<今日のメロディー>
花火♬
https://youtu.be/ah9uKRuQy58

 

2020年7月14日 (火)

あいまい文化(突き詰めない日本人)

小利口(小馬鹿)、小綺麗(小汚い)、小賢しい、小生意気、小難しい、小粋。小で始まる言葉は結構たくさんあります。小耳、小鼻、小首、小腹、小一時間などもあります。小を使うことで意図的に少しポイントをずらし、曖昧さを保ちながらそこに別のニュアンスも加えています。ストレートは野暮だ避けたいという気持ちも窺えます。

曖昧なジャパニーズ・スマイルは、外国人からは不可解と言われます。親族の葬式でさえ微笑む日本人の心情は、確かに外国人には理解が難しいかもしれません。相手を同じ悲しい気持ちにさせまいという配慮や、他人に自分の悲しみをストレートに見せることへのためらいは、日本人に独特の心情でしょうか。ストレートなリアルさを競う西洋の蝋人形に日本人がやや違和感を覚えてしまうのも、多少はこれと関係があるかもしれません。

私たちは家族でクリスマスを楽しんだあと、初詣に神社へ行き、お葬式の時はお寺さんを頼ります。こだわりが少なく、曖昧なまま吸収し消化する文化です。主張が弱く不明確で玉虫色のため誤解を受ける可能性もありますが、自他を追いつめずに妥協と言い訳の余地を残します。自分にも相手にも優しく協調性にすぐれます。ずらしてぼかして曖昧さを残すのは、日本人と日本文化の主要な構成要素の一つのような気もします。

日本的なものへの反省や批判はいくらでも耳にしますので、良い点にもふれてみようと試みました。が、どうもうまくいかなかったようです。お後を宜しく。

 

2020年7月10日 (金)

マスクをする、しない(三者三様)

中国は共産党の一党独裁だから政府の統制が効く。国民は政府の言うことを聞く。聞かざるを得ない。マスクをしなければいけないなら、罰せられるから一人残らずマスクをする。コロナ抑止に効率的。その代わり国民の自由はない。

アメリカは民主主義国家だから、個人個人の自由な判断に基づいて国民は行動する。政府がマスクをした方がいいと言っても、国民の多数はそれに従わない。大統領だって従わない。結果、多数の国民はマスクをしない。国民の自由はあるが、コロナ抑止に失敗する。

日本はどうか。一応、民主主義国家。政府の統制は効かない。だから、政府は国民の自粛を呼びかける。国民の判断に任せる。政府は国民の民度(実は同調性)に期待する。他人に迷惑をかけると案じて、あるいは後で責任を問われるのはマズイと心配して、国民はみなマスクをする。結果、コロナ抑止に効果的。政府に対しては自由はあるが、世間に対しては不自由。マスクをしなければ、罰則はないが世間から袋叩きにあう。三者三様。

ベランダのゴーヤ(あとは大きくなるのを待つだけ)2020.7.7
P1060003
P1050988

2020年7月 7日 (火)

数の数え方

英語の数えられる名詞と数えられない名詞、複数形の作り方とその発音、英語を習いたての生徒にはかなり面倒な学習です。でも日本語の数え方に比べれば、英語のそれは何ということはありません。日本語を学ぶ外国人にとって、日本語の数の数え方ほど面食らうものはないのではないでしょうか。

紙は1枚2枚と枚で、木は1本2本と本で数えます。車は台、本は冊、椅子は脚、服は着で数えます。同じ生き物でも虫は匹、魚は尾、鳥は羽、大きな動物は頭で数えます。まだまだたくさんあります。私などは魚も匹ですし、匹なのか頭なのかよく分からない動物もたくさんいます。帽子や墓や硯にも数え方があるようですが、これも分かっていません。分からない時は、とりあえず1個2個か1つ2つで済ませます。日本人の私でもそうですから、外国人はもっと分からないでしょう。

「1・2・3・4」は「いち・に・さん・し又はよん」と読みますが、「1つ・2つ・3つ・4つ」では「ひと(つ)・ふた(つ)・みっ(つ)・よっ(つ)」、「1個・2個・3個・4個」では「いっ(こ)・に(こ)・さん(こ)・よん(こ)」、「1人・2人・3人・4人」では「ひと(り)・ふた(り)・さん(にん)・よ(にん)」です。同じ1・2・3・4でも使い方で読み方が変わります。さらに、「1本・2本・3本・4本」は「(いっ)ぽん・(に)ほん・(さん)ぼん・(よん)ほん」のように、同じ本がぽんほんぼんと読み方が変わります。日本語を学ぶ外国人は怒り出さないのでしょうか。

こうした数の数え方は煩雑で面倒ではありますが、日本語の豊かさの現れでもあります。それは日本人の感情の豊かさや細やかさに結びつき、日本文化の多層や伝統を示すものと言ってもよいのではないでしょうか。とりわけ、「1個上の学年」とか変な言い方をよく耳にする最近は、特にそう思います。「1個」上の学年ではなく、「1個上」の学年という変なイントネーションで聞けば、尚更にそう思います。 

<今日のメロディー>
七夕さま♬
https://youtu.be/3WSglvq06Go

2020年6月30日 (火)

省く人

最近の結婚式では仲人さんを立てません。結納結婚式披露宴新婚旅行といった、結婚の流れ自体がなくなりつつあります。親しい友人だけが集まって、会費制のお披露目パーティーをやるくらいでしょうか。それすらやらず、新生活の準備に費用をかけるといった現実派がどんどん増えているようです。そもそも若い人が結婚しません。結婚自体が難しい世相です。たとえ結婚するとしても、若い人たちの暮らし向きが苦しくて、とても昔のような形で結婚式を挙げるのは経済的にも無理、といった事情もあるのでしょう。

お葬式の方も簡素化簡便化が進んでいます。通夜告別式を昔のような形式でやる人が激減している感じがします。家族葬とか直葬がどんどん増えています。お墓も昔のようなお墓はなくなりそうです。墓石の代わりに記念樹を植える樹木葬とか、遺灰を海に撒いてもらうだけの散骨葬も出てきました。家族親類が故人を偲ぶ○○回忌もなくなる傾向かもしれません。

年賀状を出す人が年々少なくなっているとニュースで言っていました。年賀状がそうなら暑中見舞いはもっとそうでしょう。出来上がりのおせち料理が最近はあちこちで売られています。手作りのおせち料理はもう影が薄いことが分かります。門松や元旦の国旗掲揚もほぼ絶滅です。だいいち久しい以前に個人の家に国旗はなくなっています。節分、雛祭り、端午の節句、七五三だっていつまで続くか怪しいものです。

形式を省くとか合理性とか言いますが、要するにお金もかかるし面倒だ、というのが本音でしょう。そしてもうひとつ、人と人との直接的な交流が少なくなっていることも背景にあるように感じます。新型コロナがその動きを加速させました。それでいてバレンタインだハロウィンだクリスマスイルミネーションだと、軽いノリで騒げる洋モノは隆盛です。コミュニケーションの希薄さをかろうじて洋モノで補っているのでしょうか。省く人も本当は寂しいのかもしれません。

あとは色づくのを待つだけ(ベランダのミニトマトとブラックベリー)2020.6.29
P1050978
P1050980

 

2020年6月23日 (火)

このゴミの処理はどうするの

メール、ホームページ、ブログ、ツィッター、フェイスブック、ユーチューブ。他にもまだあるかもしれませんが、疎い私には分かりません。毎日吐き出される膨大な量の情報が、ネット上で溢れかえっています。何度も繰り返し検索され活用される情報がある一方、一度読まれたら二度と読まれない情報もあるでしょう。と言うより、ほとんどの情報が一回ぽっきりでしょう。誰も読まない二度と活用されない情報は、まあそう言ったら失礼ですがゴミです。最終的にはどうなるのでしょう。一定の期間が過ぎたら、こうした情報はネット上から自然消滅するのでしょうか。それとも永遠に垂れ流され続けるのでしょうか。例えば私のブログ記事は、私が死んだ後も幽霊のようにサイバー空間を漂い続けるのでしょうか。だとすればいい迷惑です。

世界各国がこれまで打ち上げた人工衛星やロケットの残骸破片が地球の周りを漂っています。その数は小さいものを含めると数千万個だそうです。増える一方の宇宙ゴミです。太陽系第三惑星の地球から、人類が発した各種電波が光速で宇宙空間に向かってはき出され続けています。この量も半端ではありません。地球から排出された膨大な量の電波は、最終的にはどこへ行き着くのでしょう。自然消滅するのでしょうか。宇宙に1000億以上ある銀河のうち、私たちの銀河のすぐお隣の銀河まででも、光速で230万年かかります。どこかで宇宙の知的生命体にキャッチされるまで、電波も宇宙空間を永遠に漂い続けるのでしょうか。キャッチした宇宙人が光速の探査機を出しても、地球に到達するにはもう230万年かかります。そうしてようやく発見するのは、地球文明滅亡後の瓦礫の山の人類遺跡かもしれません。そうなれば、地球丸ごとが宇宙のゴミです。

原発の汚染水や汚染土嚢もそうです。処理の仕方とかなるべく出さない工夫とか分別とか、考えなくてもいいのでしょうか。

<今日のメロディー>
かたつむり♬
https://youtu.be/8rYe8NSWEUQ

2020年6月16日 (火)

フランダースの犬(私たちはなぜ敗者に心を動かされるのか)

貧しい少年ネロとその愛犬パトラッシュの物語は、日本ではずいぶんと人気があります。それまで見ることができなかった大聖堂の有名な絵画を最後に一目見て、ネロとパトラッシュは共に息を引き取ります。有名なラストシーンですが、この物語の舞台のベルギーでも原作者の母国のイギリスでも、このお話はあまり知名度も人気も高くないようです。そればかりか、この少年と老犬の死は彼らには「負け犬の死」と映るようなのです。どうして私たちとこうも感性が異なるのでしょう。

オリンピックや高校野球の選手の肉親が新聞記事によく登場します。肉親の大半は最近亡くなったばかり、又は闘病中のことが多いようです。たとえ試合に敗れても、そうした家庭の逆境にも挫けず、健気に頑張った選手の姿が読者の共感を呼ぶようです。負けたチームが甲子園の土を袋に詰めるシーン。箱根駅伝で、フラフラになっても懸命に前へ進もうとするシーン、タスキを渡した後に体力が尽きて倒れ込むシーン、自校のタスキが次の走者につなげずに責任を感じて悲嘆にくれるシーン。TVカメラはこうしたシーンをひたすら追いかけます。そうしたシーンに私たちが共感するのを知っているからです。やがては死を迎える闘病は、純愛や家族愛とセットになりやすい物語の一大要素です。私たちは健気な敗者や死者にとりわけ心を惹かれるようです。実は私もそうです。

咲いている時ではなく、散る時の桜に美意識を感じるのも同じです。負けや死を受け入れた者の健気さや潔さに私たちは心を動かされます。この感性の源流を辿ると、切腹の所作に象徴される武士道と滅びの美学に行き当たります。代表は四十七士です。もっとあとの神風特攻隊にも滅びの美学が見え隠れします。

この感性は私たち日本人だけのものなのでしょうか。そしてそれはいったいどこからやって来たのでしょうか。


<公益社団法人有料老人ホーム協会 第18回シルバー川柳入選作品から>
*突然に 医者が優しく なる不安
*三時間 待って病名 加齢です
*いびきより 静かなほうが 気にかかり
*年上が タイプだけれど もういない
*未練ない 言うが地震で 先に逃げ
*味のある 字とほめられた 手の震え

夕暮れが懐かしい、なんとなく 2020.6.10
P1050917

 

2020年6月12日 (金)

漢字の間違いくらいで文句は言わない

麻生さんが首相在任中のことですが、彼の漢字の誤読が一頃話題に取り上げられました。未曾有を「みぞうゆう」、踏襲を「ふしゅう」などです。マスコミに叩かれ、首相としての資質を問われました。漢字の読める人も、本当は読めない人も、みんなで彼を笑い者にしました。たまたま当時首相だったので、私は気の毒だなと思いました。 

漢字の間違いくらいは誰にでもあることです。話のプロのアナウンサーも間違えます。私は小学校時代、教師の漢字の読み間違いを指摘して得意になったことがあります。そういう私は、あろうことか自分自身の名字の漢字を長いこと書き間違いしていました。それを指摘され、そんな馬鹿なと辞書を調べて自分の間違いを知りました。とうに50歳を過ぎた頃でした。愕然としました。

名字はともかく一般の漢字なら、自分の読み方書き方が正しいと固く信じて、他人の間違いを指摘したつもりで実は自分の方が間違えていたことに気づかされた、という人もいるかもしれません。たとえこちらが間違えても、恥をかかせてはいけないと周囲の人が気遣って指摘してくれない、ということだってあるかもしれません。油断はできません。

知己の読み方は、本当は「ちき」なのに「ちこ」と誤読か、本当は「ちこ」なのに「ちき」と誤読か、一瞬私は記憶が混乱します。だから知己を読むとき一呼吸置きます。そんな私ですから、他人の漢字の間違いくらいで文句は言いません。一呼吸置いてそっと優しく指摘してあげます。いつも私の方が正しいとは限りませんので、優しくかつ恐る恐る指摘してあげます。

ベランダのランタナ 2020.6.9
P1050913

P1050907

 

2020年6月 9日 (火)

私はクモを殺しません(「ホンチ遊び」はまだ残っているか)

ムカデやゲジゲジのような足の多い虫が苦手です。手でさわれないばかりか見るのも嫌です。かろうじてさわれるのはダンゴムシくらいです。なぜ足の多い虫が苦手なのでしょう。こうした虫への嫌悪感が、特に女性に強い理由もよく分かりません。気味が悪い、嫌いという感情はいったいどこから来るのでしょう。

気味が悪いというなら、やはりクモが筆頭でしょう。昔私の実家に、呼び名は知りませんが大人の手のひらほどの大きなクモがいました。襖や畳の上をザワザワと音を立てて移動しました。さすがに気味悪かったです。実害は全くなく、かえって害虫を食べてくれたはずですが、見つけては私の父がよく箒で叩いていました。

今私が住む家に大きなクモはいませんが、代わりに毎年たくさんのハエトリグモがぴょんぴょん飛び跳ねています。その仕草はとてもかわいいです。ハエトリグモというくらいですから、家にいるコバエくらいは捕ってくれるでしょう。ダニだって食べてくれるかもしれません。毒グモは困りますが、クモはたいてい益虫です。でもやはりたいていの人はクモが嫌いです。非道な妻は殺せと言いますが、私は家に住み着いているハエトリグモを殺しません。大切に飼っています。私が地獄に堕ちても、天上のお釈迦様がきっと糸を垂らして助けてくれるはずです。消毒だらけの自宅ですが、今年も出てくるでしょうか。

急に思い出しました。私が子どもの頃、実家近辺ではクモ同士を闘わせる子どもの遊びがありました。「ホンチ」という呼び名のクモを使いました。マッチの空き箱などに2匹を入れ、上からガラス板で覆って闘いを見物しました。ネットで調べたら、あのホンチはハエトリグモの一種だったようです。今でもまだ「ホンチ遊び」をしている人はいるのでしょうか。

ベランダのアゲハ?の幼虫二匹 2020.6.9
P1050905

<今日のメロディー>
てるてる坊主
https://youtu.be/Wi1kcHsIC2U

 

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー