教育・学校

2020年10月16日 (金)

学校給食の思い出

小学校の階段下に、ドラム缶の空容器が置かれていました。元々は脱脂粉乳が入っていたようです。缶の表面に、人の手が握手をした図柄と星のマークが描かれていたのを覚えています。あれはアメリカからの援助物資だったのでしょうか。私にとっての学校給食の思い出は、まっすぐにこの脱脂粉乳に向かいます。栄養価はあったようで、私たちの年代の成長を支えてくれました。でも非常に不味かったです。もう60年以上昔のことになります。

当時の給食に配られた肝油のことも覚えています。最初はかわり玉のような形をしていましたが、そのうち今で言うお菓子のグミのような食感の円錐形に変わりました。私たち子どもの栄養不足を補うためのものだったようです。当時はそんなことは知らずに食べていましたが、ちょっと変な味だったのを覚えています。

給食の食器はアルマイト製?で、中を3つくらいに区分けされたプレートとカップでした。最初の頃だけだったと思いますが、その食器を布袋にいれて自宅から持参し、学校で食べた後はまた食器を汚れたまま家に持ち帰りました。どうして学校で私が食後に洗わなかったのか今思うと不思議ですが、学校では洗わせない指導があったのかもしれません。(それとも私だけが洗わなかった?)時々残りカスが布袋に染みついて、とても嫌な臭いがしたのを覚えています。

小学校低学年の頃は教室の数が足らず、私たちは二部交代制で登校しました。通常通りに朝に登校するクラスは早番、昼頃から登校するクラスは遅番と呼ばれました。確か一週間毎に早番と遅番は交代しましたが、遅番になると学校はいきなり給食から始まります。一番の楽しみが一番最初に終わってしまうので、私は遅番の週が嫌いでした。

栄養不足を補うための脱脂粉乳も肝油も、今は給食には出ません。食器もアルマイト製ではなく、持ち帰りもありません。早番遅番ももちろんありません。給食にフランス料理やズワイガニが一人一匹出る小学校が今はあるそうです。良い時代になりました。

<参考>
全国の国公立私立小中学校の学校給食実施率(平成30年度)
*小学校 99.1% *中学校 89.9%
横浜市立中学校は学校給食は実施していません。

1ヶ月半後のランタナ。生命力にあやかりたい。2020.8.28→ 10.16
P1060110
P1060326
P1060333

<今日のメロディー>
紅葉♬
https://youtu.be/CwsuMUiztF0

2020年7月31日 (金)

教師は怖い職業です

小さい頃教わった先生たちのことを時々思い出すことがあります。思い出される先生の言動のうちのあるものは、自分が大人になった今改めて再吟味してみると、子どもの頃には気づかなかった先生の素顔をそこに新たに発見する、というようなことがあります。

教師だった自分も、教え子たちに今同じように再吟味されているかもしれません。私は若い頃ずいぶんと適当なことを言ったりやったりしたような記憶がありますが、実はあまり覚えていません。ところが教え子たちはそれをしっかりと覚えていて、その時の私の言葉や行動の意味をあとで反芻している可能性があります。私自身もその後多少は成長したかもしれませんが、生徒にとってその後出会わない教師はその時点の記憶で止まっているわけです。つまりは、立派な見識を持つ大人になったかつての教え子たちが、未熟だった私の言動を思い出し再吟味して再評価するのです。こちらの記憶がはっきりしないだけに余計に怖ろしくなります。

特に若い先生には言いたいです。迂闊な言動には注意しろ、相手を子どもと思って侮るな、40年後を考えろ、と。 


ベランダに来たキジバト夫婦?(スズメの餌場を荒らしている)2020.7.31
P1060057

P1060063

 


<今日のメロディー>
風鈴♬
https://youtu.be/bhXynTB_Rt0

 

2020年5月15日 (金)

子どものケンカ

小学生の子どもたちと毎日遊んでいた頃のことです。子どもだから仕方がありませんが、子ども同士実によくケンカをします。原因は大抵大したことではありませんが、見ていて気づいたことがあります。

自分が最初に相手に対して行った言動(言葉や行為)が、どのくらい相手に嫌な思いを与え、相手を傷つけているかに気づかない子がいます。だからその言動に対して相手が反撃してきた時、その原因を自分が作っていることには思い至らないため、自分の方が先に攻撃されたと思い込みます。そして更に激しい言動でその反撃に応えてしまうのです。結果、大ゲンカになります。双方とも相手が先に言った、先に手を出したと非難の応酬になります。

一方で、自己抑制力が足らない子がいます。自己防衛が強く、普通ならそのままやり過ごせることにも引っかかって反応してしまう、他人の言動に敏感すぎる子がいます。

この両者が出会ってしまうと、悶着が起きる可能性は極めて高くなります。もし、自分の言動には鈍感なのに他人の言動には敏感、この両方の特性を一人で併せ持つ子がいれば、それはかなり厄介な存在となります。

子どものケンカと言っていますが、実は大人のケンカも同じです。日韓のケンカも、米中のケンカも、まあ同じようなものでしょう。


緑いっぱい 2020.5.14
P1050878  


<今日のメロディー>

夏は来ぬ♬
https://youtu.be/XQm1qk53suc

2020年4月28日 (火)

学校はいつも悩みます

我が子をしつける自信がない親は、例えばケータイの扱いなどを学校で決めて欲しい、つまりは禁止して欲しいと要求してきます。一方で学校でそれを決めると、そんなことまで学校が禁止するのはプライバシーや表現の自由の侵害だと、別の親から苦情が来ます。学校の強力な指導を求める親と、各家庭の価値観や子どもの自主性を尊重するよう求める親に挟まれて、学校はしばしば悩むことになります。

学校として一貫した指導を行うために校則は必要です。校則がないと、どうしても教師の判断に幅ができてしまい、その結果指導にもズレが生じてしまいます。具体的に言えば、A先生はいいと言ったのに、どうしてB先生はダメと言うのか、といった類の苦情が出てくる恐れがあります。校則があれば、その学校のどの先生も同じ歩調で指導ができるという利点があります。力で抑えるのが難しい女の先生や指導力のない先生にも、校則は有効な指導手段となります。

一方で、校則は一度出来上がると微に入り細に入る傾向があります。そうなると、専ら守らせるためだけの指導に教師は追われ、時間とエネルギーを費やすことになります。自分で考えて行動する生徒も、自分で判断して指導する教師も育ちません。車のハンドル同様で、学校の指導にも余裕や遊びの部分が必要です。従って校則もガチガチではなく幅が必要になりますが、幅がある校則の運用には教師の十分な指導力が基盤となります。校則に頼るか教師の指導力に期待するか、学校は生徒の成長の度合いと教師集団の力量とを計り比べながら、ここでもまた悩むことになります。

世界各国のコロナ対策でも、国家が国民に強権を発動するやり方と、概ね国民の判断に任せるやり方と、両方があるようです。日本では、国民からもっと厳しくしろと今政府が責められているところです。双方の主張に挟まれて、国もやり方を悩んでいます。学校と同じです。

<参照>
「指導と自主性」2009.9.11
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-5585.html

「教育・学校」編 バックナンバー
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-d1e82d.html

<今日のメロディー>
背比べ♬
https://youtu.be/R0lbh28MAGk

薬師池公園 2020.4.28
P1050828

P1050825

P1050821

 

2020年3月13日 (金)

ヒヤリ・ハットの法則

「ハインリッヒの法則」というのがあります。アメリカの技師ハインリッヒが発表した法則で、1件の重大災害(死亡・重傷)が発生する背景には、29件の軽傷災害と300件の無傷災害(ヒヤリ・ハット)があるというものです。「1:29:300の法則」とか、「ヒヤリ・ハットの法則」と言われます。ご存知の方も多いと思います。

学校現場でも、毎日のようにこのヒヤリ・ハットがあります。たとえば、一人の子どもが朝学校へ登校しませんでした。担任は親から何の連絡もなかったので、親が連絡を忘れたんだろう、そういえばこの親はこの前も連絡を忘れていたな、今日も欠席かなと考え、家庭へ確認の電話を入れましたが誰も電話口に出ません。親は子どもを病院へ連れて行っているのかもしれない、あるいは親が早朝に出勤した後、子どもが急に具合悪くなり一人で寝ているのかもしれない、あとで親のケータイか勤務先へ電話して確認しよう、と担任は考えます。(→忙しくても、今すぐ親のケータイへ!)

担任は午前中の授業がつまっていたため(→忙しければ、他の職員に頼む!)、親の勤務先に電話をしてやっと親がつかまったのはもう昼過ぎでした。今朝はいつも通りの時間に登校したという親の話になり、ここで初めて親も担任も子どもがどこかへ行ってしまったと気づきます。大抵の場合、子どもはゲームセンターかどこかで遊んでから帰宅して、親からみっちりと叱られることで一件落着します(300件の無傷災害ヒヤリ・ハット)。でも中には、登校途中でちょっとした事故やトラブル(29件の軽傷災害)に巻き込まれていたとか、そのまま家出してしばらく行方がつかめなくなってしまうとか、もっと不幸なケースでは交通事故、自殺や誘拐(1件の重大災害)も考えられます。

ヒヤリ・ハットは素知らぬ顔をして我々の目をすり抜けようとします。全ての重大事件も、最初はありふれた事柄(親から欠席連絡がないのに子どもが学校へ姿を見せない)としてもたらされます。今回の新型コロナウィルスの件もそうでした。武漢の保健当局(あるいは中央政府)が、こんな世界的な大ごと(1件の重大災害)になるとは思わず、最初のヒヤリ・ハットの段階での公表を躊躇いました。私たちも油断はできません。

<参考>
「教育・学校」編 バックナンバー 
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-d1e82d.html

寒緋桜と春霞 2020.3.11(三保市民の森)
P1050756
P1050745



 

2020年2月25日 (火)

もっと早く知っておけばよかった

毎日放課後の小学生と遊ぶこと、これが私の第2の仕事でした。小学生は、特に低学年は、年がら年中ふざけています、笑っています、走り転げ回っています、叫んでいます、いつもそうです。彼らはとりわけ鬼ごっこが大好きです。誘われていつも私が鬼にさせられます。追いかけるとキャアキャア言って逃げ回ります。追いかけられるのが嬉しいようです。だから特定の子どもだけを追いかけないように、みんな平等に追いかけるように私は気を配りました。

家庭や学校で寂しい思い嫌な思いをしている子ほど、イライラして友だちや物にあたります。自分への注意を向けてもらおうと、あるいは自分を見てくれているかどうかを確認しようと、わざとやってはいけないことをします。不安なので、いつもそれをチェックせずにはいられないのです。そう頭では理解していても、子どもが問題行動を起こすと私はカッカします。思わず怒鳴りつけたりします。後で冷静になると後悔します、反省します、いつもその繰り返しです。頭ではなかなか感情をコントロールできません。だから私は時々自信をなくしました。

自分の子どもが小さい頃、同じような状況でした。どうしてうちの子はこんなにうるさいのか、言うことをきかないのか、いつも叱りつけていた記憶があります。自分の子どもだけでなく、世間一般の子どもが似たような状況だと当時知っていれば、もう少し違っていたでしょう。小さな子どもたちから学べることはたくさんあります。

<参考>
「教育・学校」編 バックナンバー
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-d1e82d.html

春うらら  白いたんぽぽ、クロッカス、福寿草、ロウバイの種 2020.2.19&21
P1050624
P1050608
P1050568_20200224163301
P1050585_20200224163401



 

2020年2月18日 (火)

やっぱり二宮金次郎

東大生たちの親の年収グラフというのを見たことがありますが、見なくても中味は想像できます。犯罪を犯した人たちの親の年収グラフというのは見たことがありませんが、こちらも想像はできます。少々皮肉な例え話ですが、お金持ちの家の子どもは親が作ってくれた恵まれた環境の中で勉強して、将来は検事や裁判官になります。そして貧乏な家の子どもから成長した犯罪者を裁く立場になります。貧しくても頑張って立派な立場になった人もたくさんいることはもちろん承知していますが、割合と傾向の話ではこうなります。

親による我が子への虐待事件が相次いでいます。そうした親の多くは、貧しい20歳前後の若夫婦です。虐待を受けた子どもは、やがてそのストレスを学校で発散させます。親には見放され、学校では問題行動を起こし、先生には叱られっぱなしの日々を過ごします。学習も進まず自尊感情を持てずに社会を恨むようになり、やがては犯罪に走ります。結婚して子どもが生まれても、自分がかつて育てられたようにしか育てられませんから負の連鎖になります。子どもは親を選べませんが、親のハンデは子どものハンデとなって連鎖します。

子どもを持った貧しい親に、具体的な教育支援はできないのでしょうか。生活保護費のような一括支給ではダメです。その中に入っているはずの例えば教育扶助(学用品、修学旅行費など)は、一部のダメ親だと酒代や遊興費に消えてしまう可能性があります。子どもの教育扶助を別にして外部機関が管理する、出来れば学用品などを現物で支給する、参考書購入専用の図書券を配布する、美術館や音楽会の無料チケットを配布する、学習塾の費用を補助する。お金持ちの家庭で子どもにしてやっていることの一部でも、貧乏な家庭でも子どもにしてやるようにはできないものでしょうか。

自分の責任ではないところに、生まれついてのハンデを背負っている子どもたちがいます。彼らに学習機会を保障し、努力次第で向上できるという夢や希望を持たせるのです。貧しくても努力で成功した人物の物語をたくさん聞かせるのもいいでしょう。それならやっぱり二宮金次郎です。

<参考>
「教育・学校」編 バックナンバー
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-d1e82d.html

<今日のメロディー>
二宮金次郎♪
https://youtu.be/3iJ92GsxWgk

 

2020年1月27日 (月)

「教育・学校」編 バックナンバー

「教育・学校」編 バックナンバー(2008年6月15日~2018年6月1日まで)

番号        掲載年月日                タイトル 
  8 平成20年(2008年) 8月   2日    学校ができること 
  9                8月   9日    こんなに頑張っているのに 
10               8月16日    部活動を考える 
11               8月23日    再び部活動を考える 
12               9月 1日    食育は大事ですが ・・・
17            10月 3日    学力調査の結果は公表が筋ですが 
19            10月18日    学校は自衛隊に似ています 
25 平成21年(2009年)1月10日    昔、生徒指導は5分で済みました 
30               2月13日   「なるほど」と思った言葉 
39               4月17日    世間様は何処へ行った 
46               6月 5日    特別な支援を必要とする子ども
52               7月17日    この金額、どう思いますか 
54               7月31日    振り子の理論 
60               9月11日    指導と自主性 
65            10月16日    問題を抱えた子どもから学ぶ=共に育つ= 
68            11月 6日    たった一言で 
70            11月20日    大丈夫か、学校 
80 平成22年(2010年)1月29日    学んだこと 
85               3月 5日    責任のババ 
115            10月   1日    守るべきものは何なのか 
121            11月12日    負の連鎖 
124            12月 3日    好きな者同士 
125            12月10日    好きな者同士(続き) 
129 平成23年(2011年)1月 7日    手本は二宮金次郎 
135               2月18日    ふて寝のヤジロベー 
137               3月 4日    ヒヤリ・ハットの法則 
169            10月14日    楽しかりし頃 
177            12月 9日  やっぱり二宮金次郎 
179            12月23日  肥後守 
181 平成24年(2012年)1月 6日  もっと早く知っておけばよかった 
190               3月 9日  我ら 我ら 我らの日教組 
195               4月13日  未来をリストラするな 
203               6月 8日  学校はいつも悩みます 
208               7月13日  言うほどには簡単にいかない(その1) 
209               7月13日  言うほどには簡単にいかない(その2) 
211               7月27日  これはつまりリンチです 
212               8月 3日  私は学校の味方です(その1) 
213               8月10日  私は学校の味方です(その2) 
216               8月31日  子どものケンカ 
222            10月12日  問題を抱えた状態で安定させる、という方法にある
224            10月26日  英語教育大改革(副題:入試が変われば授業も変わる)
226            11月 9日  正義の味方はいいけれど 
245 平成25年(2013年)3月22日  治まる御代のお目こぼし 
247               4月 5日  教師は怖い職業です 
249               4月19日  ツケツケ、ナメナメ、ツネツネ(副題:記憶に残る私の愚行) 
264               8月 2日  ジャージ登校はいいか悪いか 
272             9月27日  職員会議、大っ嫌い 
282            12月 6日  学校給食の思い出 
306 平成26年(2014年)5月23日   体育祭の行進練習は今でもあるのかな 
309      6月13日  制服文化と稲作文化 
311               6月27日    冷静になれ、と言うけれど 
317               8月 8日    偏差値はそんなに悪者か 
318               8月15日    右往左往(2学期制か3学期制か) 
328            10月24日    本人の努力はもちろん必要だが 
332            11月21日    病症利得 
333            11月28日    病症利得・その2(愛子様の不登校を治すには) 
334            12月 5日    愛子様の不登校を治すには・その2 
362 平成27年(2015年)6月19日    名前から顔は思い出すが顔を見ても名前は出てこない 
373               9月 4日    悩みに対処する「人間関係学」を学校の必須にできないか 
378            10月 9日    ただひたすら黙って聞いてあげる、それが一番
381            10月30日    教師に必要な資質とは 
386            12月 4日    学校の生活指導の責任はどこまでか 
404 平成28年(2016年)4月 8日    良い保育士を見分けるコツはこれかな 
460 平成29年(2017年)5月 5日    昔、こんな生徒がいました 
465      6月 9日  我が子を虐待死させる親も暗闇を抱えている 
471               7月21日    出回っているのは真実の一部 
474               8月11日    理想の自分と現実の自分とのバランスに苦しむ 
498 平成30年(2018年)1月26日    凄い若者がいる 
499               2月 2日    やっぱり「人間関係」を学校の必修科目にすべき 
506               3月23日    警報装置が誤作動する 
515               5月25日    子どもの問題行動への対応 

(注)右側の「*バックナンバー」をクリック 
   → 出したい記事の掲載年月「〇〇〇〇年〇月」をクリック 
   
すれば、上記のうちの希望の記事をご覧いただけます。
    

 

 

 

 

2020年1月24日 (金)

肥後守

肥後守は簡易折りたたみ式ナイフで、日本で戦前から使われていました。このナイフが最近見直されているようです。静かなブームという声もあります。どこかの小学校では、これを新入生全員へ贈っているそうです。道具を使う緊張感を養う、集中力を高める、たとえ自分がケガをしてもその小さな痛みの中から他人を傷つけない使い方を学んでいく、新聞にもそう書いてありました。どうしてもっとたくさんの学校でこれを使わせないのかと、そう言いたげです。お説ごもっともです。ではそんなに良いこと尽くめの肥後守が、どうしてほとんどの学校では見掛けなくなってしまったのでしょうか。

どんなに学校の指導が徹底していても、ナイフがあればそれを不適切に使用する子どもの存在を否定できません。ナイフを振り回す子どもも一定の確率で必ず出てきます。そして不幸にも、学校で子どもが他の子どもや教師にナイフでケガをさせると、これはニュースになります。マスコミは学校を責めます。教師は指導力不足を責められ、日頃の指導のあり方を問われれます。校長はその責任を問われ、警察からはもちろんのこと、保護者からもマスコミからも教育委員会からも釈明と説明を求められます。下手をすると保護者集会で吊し上げになり、校長は眠れない日々を過ごします。こうしてナイフは、今後その学校では使用禁止になります。

どんな良いことにもそれなりのリスクがあります。そのリスクが現実のものになった時、今後それを避けるために、本当は大事なものが代わりに失われていったのです。その流れに抗しきれなかった学校と教育委員会にも責任はあります。でもはっきり言いますが、学校からナイフを追放したのは、一部の保護者と彼らを煽ったマスコミです。かつてそれに加担したマスコミに、今更のように肥後守の教育的意味など説かれたくはありません。お察しの通り、肥後守は他にもたくさんある中のほんの一例に過ぎません。

<今日のメロディー>
「欲しがりません勝つまでは」
https://youtu.be/azXI6GZ5AlE
小さな子どもまでこんな苦労をさせていたと思うと・・・(涙)。

 

 

 

2020年1月21日 (火)

人生いろいろ(完璧はない)

親は我が子に躾けをします。ところが躾けはなかなかうまくいきません。親は苛ついて、「なんであなたはそんなことも出来ないの!」とか、「勉強しないと良い学校に行けませんよ!」と子どもを脅します。親は、子どもの躾けがうまく出来ない親とみなされるのではないかと、世間の評判が怖いのです。親は将来、安心安泰できないかもしれないと思うのが不安なのです。こうした親の恐怖や不安は、通常は無意識の底に潜んでいます。

親はこうした見えない恐怖感、不安感を少しでも和らげようとします。我が子の言動に何度も口出ししたり、親が勝手にやってしまったりします。我が子が失敗しないようにと「過保護型」になるのです。それがうまくいかないと、挙げ句には暴力行使の「虐待型」もあります。いずれも「我が子を思えばこそ」の親の思いを隠れ蓑にしています。結局は、親は子どもに振り回されて、子どもの人生を生きていることになります。

一方、子どもの方は思春期にこう思います。「親の躾けのせいで私はこうなってしまった」と。こう思うことによって、子どもは「こうなってしまったのは結局は私自身のせい」という恐怖や不安を無意識下で打ち消しているのです。

親は、我が子になるべく決断させ、小さい頃に数多く失敗させて、その失敗に共感します。でも親は、「困ったらいつでも相談してね」のメッセージを子どもへ常に送り続けます。この「半分放任型」が良いようです。子どもの存在を無視するだけのただの「放任型」は簡単ですが、「半分放任型」は子どもを見ていながらの放任ですので、これはかなり難しい躾けになります。私は結局はできませんでした。ただ、こうなろうと努力するだけでもよいのかなと、今は考えています。

親には子育ての愚痴を聞いてくれるような相談相手が必要です。アドバイスは求めてはいません。相手が、「それは大変だったでしょう(共感)」と言ってくれるだけの存在でよいのです。

子どもはこう考える必要があります。親も短所を持った存在です。問題のない親などいません。親に認められなかったせい、親の躾けのせいといつまでも思う子どもは、親に振り回されて、親の人生を生きています。親は親の人生、子どもは子どもの人生を生きていくのです。完璧な人生はありません。その中で、それぞれの子どもがなんとか格闘しながら失敗しながら 自分の人生を生きていくのです。

この年になって、遅まきながらそう思えるようになりました。

前日は珍しく降雪。翌日は晴天だが、芦ノ湖に向かう道路はこんな風景だった。2020.1.19
P1050419
P1050424

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー