宇宙・SF

2020年7月 3日 (金)

細菌も人も星も

人間の体内には微生物の一種である細菌が無数に住み着いています。常在菌というそうです。特に腸内には、一人あたり100種類以上、数で約100兆個もの腸内細菌が住んでいます。成人一人に存在する腸内細菌の総重量はおよそ1.5㎏で、一列に並べると地球2周半もの長さになると書いてありました。1個では目に見えない細菌ですので、想像を超える数であることが分かります。彼らは宿主(人)が摂取した食物に含まれる栄養分を栄養源として生活し増殖しています。

体内に住む細菌のうち、人の健康維持に貢献する「善玉菌」は20%、人に害を及ぼす「悪玉菌」が10%です。「善玉菌」は人にエネルギー源を供給したり、外部から侵入した病原細菌の増殖を防いだりしてくれています。「善玉菌」「悪玉菌」以外は、良い働きも悪い働きもする「日和見菌」と呼ばれ、これが70%を占めています。

ただ面白いのは、「善玉菌」でも他の菌と作用し合うと悪さをするヤツがあったり、「悪玉菌」でも状況次第では良い働きをするヤツもあったりすることです。なんだか私たちにとてもよく似ています。異なった種類の細菌が、お互いにせめぎ合いながらもバランスを保って生態系を築いています。お互いが共生すると同時に、宿主である人とも共生しています。このバランスが崩れると、宿主(人)が病気になります。

私たち人間も、地球という殻に住み着いている一種の微生物のようです。善人、悪人、日和見人がいて、相互に作用し合いながらバランスを保ち、他の種類の生き物とも共生しています。このバランスが崩れると、戦争になったり地球環境が破壊されます。地球の病気です。そして地球自身も、太陽から恩恵を受けながら、他の星々ともバランスを保ちつつこの宇宙で運動し存在しています。体内の細菌も人も星も、それぞれの宇宙の中でバランスを保ちながら一生懸命に生きています。

<参考>
「宇宙・SF」編バックナンバー
nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-b1a44b.html

あとは色づきを待つだけ(ベランダのミニトマトとブラックベリー)2020.6.29   
P1050978_20200702194001
P1050980_20200702194001

 

2020年6月26日 (金)

待ち遠しいロボット

我が家では部屋の掃除は私の仕事です。掃除機を使って各部屋(と言っても数は少ない)を掃除します。もし私が死んだら、「お掃除ロボ」を購入すると妻は言っています。これを使えば、文句も言わずに留守中だってきれいに掃除をしてくれるから、だそうです。

衝突の危険を感知して、自動的にブレーキがかかる装置が最近の車には取り付けられています。目的地を入力すれば、自動運転でそこへ連れて行ってくれる車も開発されています。携帯自動通訳機みたいなものも、どんどんその能力が向上しています。将来は補聴器のように小さくなるでしょう。

会社の受付には来社した人に説明してくれる「案内ロボ」がいます。大規模自然災害に備えて「レスキューロボ」の開発が進められています。瓦礫の下から人を見つけて救い出してくれます。次の大地震では活躍してくれそうです。介護の現場では既にぬいぐるみのオットセイが高齢者と応答し、老人たちに癒しを与えています。「介護ロボ」が人間に代わってきつい介助作業をやってくれる時代もすぐそこです。手術の切開から縫合までをやってくれる「医療ロボ」ができれば、手術の上手な医師を捜す手間もなくなります。もうすぐです。

先日、「富岳」という日本のスーパーコンピュータの計算速度が世界第1位に輝きました。コンピュータの能力が向上し、ロボットが人間の代わりをしてくれる時代になりつつあります。その応用範囲がどんどん広がっています。「お掃除ロボ」があるなら「お政治ロボ」だってあっていい気がします。経済政策の立案や利害関係の調整は政治家の主な仕事ですが、条件や情報を入力すれば、最適解の予算案や法案を「お政治ロボ」が導き出してくれるような時代も来るでしょう。そうなれば政治家も要らなくなります。

<今日のメロディー>
雨降りお月さん♬
https://youtu.be/mZUY3m9j2AQ

2020年5月26日 (火)

なぜヒトのみが突出しているのか

犬と猫の知能は同程度でしょうか。象とキリンはどうでしょう。専門家ではありませんが、私には同程度に見えます。蜂と蟻には知能はないかもしれませんが、水準は同じレベルのように見えます。この地球上には膨大な種類の生き物がいますが、中にはお互いに種は違っても同程度の知能や水準を持った生き物がいるだろうと想像します。それなのになぜ、ヒトには肩を並べる程度の知性を持った種がこの地球上で他にはいないのでしょうか。

ヒトがチンパンジーと枝分かれしたのは約700万年前です。きっかけは多分突然変異によるものでしょう。その後ヒトは、二足歩行→腕の活用→道具の製作と使用→脳の増大→知性の獲得、の道を辿ったようです。それなのになぜ、一方のチンパンジーはヒトほどには進化しなかったのでしょう。これも不思議です。

進化は適応と偶然の産物で、その進化により種が更に広がっていきます。新しい種の出現がある一方、絶滅する種もあります。地球の歴史46億年はもとより、1億8千万年生きていた恐竜に比べても、ヒトが生きてきた700万年はたいした期間ではありません。ヒトは更に進化するでしょう。次の700万年の間に、環境の変化に適応した突然変異のヒトの亜種が生まれ、古いヒトの種はやがて絶滅するかもしれません。あらゆる生き物が死を迎えるのと同様に、あらゆる種も最後は絶滅するでしょう。やがてヒトの亜種も死に絶えた後、全く新しい種が知性を獲得してこの地球を支配するかもしれません。

ヒトと覇を競うレベルの知的動物が他にいないのは単なる偶然で、今ヒトの種がこの地球上で繁栄を誇っているのも単に一時期に過ぎないものなのでしょう。ヒトの種の出現と繁栄は、生命全体の進化の歴史の中の偶然の一過程に過ぎない、私はそう思います。

<今日のメロディー>
散歩唱歌♬
https://youtu.be/0qV9E8SmIHw

 

 

2020年5月 1日 (金)

そうなっているのには必ず理由(わけ)がある、と想像する

血液はなぜ赤いのでしょう。赤いヘモグロビンがあるから、というのは理由ではなく結果に過ぎません。自らの生命の危機を視覚で捉えやすい個体が淘汰で優先的に生き残った結果、と私は勝手に想像しています。血液の赤くない生物もいますが、その生物はきっと赤色を視覚で認識することができないのではないでしょうか。これも想像です。

動物は一般的になぜ夜眠るのでしょう。私は植物の光合成との関連を想像します。生命の源は初期の段階で太陽の光と密接につながっていました。生命が植物と動物に分化するよりはるか以前のことです。植物が夜に光合成を行っていないのと、動物が夜に活動を行っていない(つまりは眠る)のとは、同じ生命活動の起源があると想像しています。

生物はなぜ死ぬのでしょう。個体としては病気にならないよう、あるいは病気になっても死なないよう、様々な生命維持システムが働きますが、最終的には死ぬようシステムが組まれています。死ぬからこその生物で、死ぬことが決してなかったらそれはもう生物とは呼べません。でもなぜ死ぬのでしょう。全ての生命活動の最終目的は種の維持にあると私は想像しています。個体の維持よりも種の維持の方が優先されます。種を維持するためには世代交代をしなければなりません。種の維持を図るために個体の死があるのです。

以上は全く科学的なデータに基づかない単なる私の想像です。当たってはいないかもしれませんが、そこに何らかの理由(わけ)があるのは確かだろうと思います。この宇宙に生命が誕生したのもきっと何かの理由(わけ)があるはずだと、これも私は想像しています。

<参照>
「宇宙・SF」編 バックナンバー
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-b1a44b.html

 

2020年4月24日 (金)

モーツァルトでトマトを甘くできるなら

モーツァルトの曲を聴かせると生長が早まる野菜があるそうです。この栽培方法を実際に取り入れている農家がすでにあります。麹菌にモーツァルトを聴かせて発育を促し、良質の酒造りをしている酒造店があります。音楽醸造酒「モーツァルト」と名前までつけています。モーツァルトの音楽に多く含まれる高周波音域の振動による効果だろうと言われています。最初は本当かいなと思いましたが、どうやら本当のようです。

植物や細菌だけではありません。モーツァルトを聴かせると乳牛の乳の出がよくなる、という話も聞きました。人のうつ病の改善にも、モーツァルトの曲が効果的だと聞いたことがあります。特定の音の振動は、脳への心地よい刺激を与えて心を落ち着かせる効果があるのでしょう。音楽によるこうした効果が確かなら、ニワトリの産卵率を高めたり、ブタの肥育を促進したり、漁場で魚を呼び寄せて漁獲量アップを可能にする音楽やある種の音もきっと見つかるでしょう。

特定の種類の生き物を誘引したり遠ざけたり音は簡単に見つかるでしょう。人間の耳には聞こえないような高周波又は低周波のある種の音を出して、ゴキブリの生殖能力を破壊するようなことも将来できるようになるかもしれません。恐ろしいことを考えつきました。人の脳の中の、怒りや攻撃の感情を司る部分に電極を埋め込んで、外部から遠隔操作である種の音でそこを刺激すれば、とりわけ格闘技の選手には有効かもしれません。ドーピング検査も通るでしょう。このやり方なら、戦闘前に一斉に戦闘能力の高い兵士を大量に作ることも可能になります。建物を破壊することなく、音の波動だけで人を殺すことができるような兵器だってそのうち作られるかもしれません。 

TV画面にほんの一瞬映し出され、無意識のうちに視た画像が視聴者をある種の欲望や判断へ誘い込む、そういうサブリミナル効果のことが一時話題になりました。私たちの知らないうちに、誰かがもうすでにある種の音を、私たちの脳の潜在意識下へ密かに送り続けているかもしれません。私たちが扇動されやすいのはそのせいかも。

<参考>
「宇宙・SF」編 バックナンバー
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-b1a44b.html

四季の森公園 2020.4.22
P1050811

P1050813

 

 

 

 

2020年4月15日 (水)

イルカに訊け

動物や植物のあるものは、驚異的な感覚の鋭さを保持しています。クジラは数百キロ離れた仲間の声を聞き分け、ガン細胞のにおいを嗅ぎ分ける犬もいます。自分の死を事前に悟って、自ら仲間を離れて墓場へ行く動物もいるそうです。洪水が来る前に、一斉に高台に巣を移動する虫がいます。虫に葉を食べられると、近くの仲間の木へ合図を出して虫の嫌がる成分を出すよう促す植物もあるそうです。

彼らの一部は、その驚異的な能力を使って天変地異を事前に察知しているようです。例えば東日本大震災の時も、地震や津波の起こるだいぶ前に、かすかな音やにおいや微震動を感じ、異変をいち早く察知して避難した海洋生物がたくさんいたはずだと思います。彼らは確かに何かを感じています。予知能力というよりも危険察知能力と言った方がよいでしょう。残念ながら人間は、脳が発達して計画性や工夫の対応能力を獲得した代わりに、こうした察知能力の大半を失ったようです。

震源域に生息するクジラ、イルカ、海鳥、魚類などのうち、比較的長命な海洋動物にGPS機能を取り付けたらどうでしょう。彼らの普段の周回行動を予め記録し、通常のそれとは明確に異なる異様な行動を一斉に取り出したら要注意です。緊急地震速報は地震発生のせいぜい数分前です。東大の地震研だって4年のうちに70%です。あまり当てには出来ません。イルカに訊けば一日前に分かるかもしれません。

 

2020年4月 7日 (火)

止まっているものは何ひとつない

地球が1回自転すると1日になります。自転速度は時速1700㎞で、新幹線の5倍の速度です。地球は自転しながら太陽の周りを公転しています。1年かけて1周します。その公転速度は時速10万㎞で、スペースシャトルの5倍の速度です。太陽を中心とした太陽系は、それごと天の川銀河の中心の周りを回っています。2億2600万年かけて銀河系内を1公転します。その公転速度は時速80万㎞です。そして天の川銀河自体も、それごと膨張する宇宙の中を超高速移動しています。その速度は時速216万㎞で、時速300㎞の新幹線の7200倍の速度です。自転、公転速度は最近調べて知りました。

地球は(つまりは乗員の私たちも)自らも回転しながら太陽の周囲を回り、同時に太陽系の仲間と一緒に銀河系内を回りながら、同時に銀河系の仲間と一緒に大宇宙の中を高速移動しています。私たちは、回りながら回りながら回りながら、同時に想像を絶する超スピードで移動しているわけです。立ち止まっているものは何ひとつありません。

生命も星も宇宙も、変化(運動)を絶えず繰り返しながら成長し老化します。そして新しい生命新しい星新しい宇宙へと循環します。変化は循環の一工程です。万物を一貫して規定しているのは、変化と循環のエネルギーだと私は解釈しました。

<参考>
「宇宙・SF」編バックナンバー
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-b1a44b.html

慈眼寺前の花桃 2020.4.3
P1050795
P1050788


2020年3月27日 (金)

のどもと過ぎればうんこの旅

どんな素晴らしい日本料理もフランス料理も、人間の口の中で咀嚼され胃袋へ送られる頃はもうグチャグチャです。胃袋からその先は、もっとすごい状態になっているはずです。でも、食べている時にそれを想像する人はいません。私も想像しません。人間の心理はとても器用だと思います。今、目の前にあるものしか見ないように作られています。そうとしか思えません。

トイレの後、ふと思いました。私のうんこは何処へ行くのだろうと。多分、下水道を通り、どこかの下水処理場で浄化され、そこからどこかの川に流されて海へ行くのでしょう。きっとそれには養分もたくさん含まれているはずです。海のプランクトンがそれを栄養として取り込み、そのプランクトンを小魚が食べ、その小魚を大きい魚が食べ、その大きい魚を人間が捕まえて、夕飯のおかずとして私が食べることになります。そしてそれは再び三たび私のうんことなって海へ向かいます。大いなる命の循環です。

昔、「ミクロの決死圏」というSF映画がありました。人間の医療チームが潜航艇に乗り込み、そのまま超微細になって患者の血管に入って脳の治療を行うというストーリーでした。私も超微細になって料理に紛れ込めれば、きっとうんこに乗って壮大な命の旅を経験できるかもしれません。

<今日のメロディー>
朝だ元気で♪
https://youtu.be/pryYrUNqn-8

 

2020年2月 4日 (火)

限りある命は神の瑕疵か

宇宙からたくさんの隕石が地球に降り注ぎ、その中のごく一部にはアミノ酸等の有機物が付着していました。更にその中のごくごく一部は、偶然にも生命の揺りかごとなるべき場所に落ちていきました。それから気の遠くなるような歳月を経て、その場所についに地球最初の生命が誕生しました。今いる動植物も昆虫も細菌も、この地球上の全ての生命のこれが起源です。私が聞いた話ではこうなっています。

生命はその後、環境に応じて生き残りを賭けて進化を繰り返し、実に多種多様になっていきました。厳しい自然淘汰のいくつもの関門をくぐった生命は、実に工夫され見事なまでの機能や形態を獲得していきます。進化の過程でそのレベルはますます向上し、700万年前にチンパンジーから枝分かれした人類に至っては、とうとうロケットを飛ばして宇宙に進出するようにさえなりました。

しかし、生命がどうしても越えられなかった大きな壁があります。死です。ほとんど完璧とさえ言える生命ですが、どうして死だけは避けられなかったのでしょう。こんなにも多種多様で完璧な命の数々を創造したのに、どうして万物を司る創造の神は、どの種どのひとつの生命にも最後の一点だけは与えてくれなかったのでしょう。考えてみれば不思議なことです。 

生命はその誕生から今日まで、形を変え種を変え、連綿と世代間を受け継ぎ生きながらえています。一つの個体の死や一つの種の絶滅は問題ではなく、実はそれは死とさえも言えないのかもしれません。生命の本質は、個体を超え種を超えた循環にあると神は考えているようです。生命は瑕疵のある神の失敗作ではなく、どうやら彼はこれを自信作と考えているのかもしれません。私にはそう思えます。

<参考>
「宇宙・SF」編 バックナンバー
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-b1a44b.html

ひな祭り 2020.2.3
P1050461

 

2020年1月28日 (火)

「宇宙・SF」編 バックナンバー

「宇宙・SF」編 バックナンバー(2008年6月15日~2018年6月1日まで)

番号  掲載年月日   タイトル 
3  平成20年(2008年) 6月28日  タイムマシン
4   7月 5日   ミステリー・ゾーン
23 平成21年(2009年)1月  3日  宇宙人と出会う確率
36  3月27日 「私」は宇宙を支配する
40  4月24日  限りなくゼロに近い確率
48  6月19日  終わりの時、始まりの時
62  9月25日  星に還る
63 10月 2日  支配者の論理
71 11月27日  絶対均衡
87 平成22年(2010年) 3月19日  あなた、知ってた?お隣の田中さんのご主人、ロボットだったんですってよ
106  7月30日  「いのち」はひとつ
107  8月 6日  人類が次に進化するのはいつか
109  8月20日  砂粒の数、星の数
110  8月27日  辿り着く果てに在るのは
156 平成23年(2011年) 7月15日  異星人に何を尋ねるか
157  7月22日  異星人がやって来たとき心配なこと
158  7月29日  神の一撃
167  9月30日  最終ランナーの悲劇
173 11月11日  限りある命は神の瑕疵か
186 平成24年(2012年)2月10日  のどもと過ぎればうんこの旅
197  4月27日  止まっているものは何ひとつない
200  5月18日  イルカに訊け
201  5月25日  モーツァルトでトマトを甘くできるなら
204  6月15日  そうなっているのには必ず理由(わけ)がある、と想像する
218  9月14日  なぜヒトのみが突出しているのか
233 12月28日  待ち遠しいロボット
235 平成25年(2013年)1月11日  細菌も人も星も
250  4月26日  ロボットのもうひとつの未来
253  5月17日  私たちをはるかに超えた存在が
254  5月24日  シュレディンガーの猫
259  6月28日  存在と無の境目
263  7月26日  もうひとつの知性が働いているのかも
267  8月23日  まだ起こってもいない「それ」はいつ起きるのか。未だに起きている「これ」はいつ終わるのか
283 12月13日  他の生き物は私たちをどう思っているのか  
289 平成26年(2014年)1月24日  全てはループしている  
290  1月31日  コンピュータHAL9000の苦悩
299  4月 4日  妻の赤は私の青だった
300  4月11日  埋葬は知性のメルクマール
322  9月12日  月はそれを見ない時には存在しない
327 10月17日  どうしてもう一種いないのか
335 12月12日  美は見る人の目にある(ミステリー・ゾーンの世界から)
339 平成27年(2015年)1月 9日  睡眠中確かに脳は何かやってる
340  1月16日  気を失って解ったこと
353  4月17日  死んだ人は自分が死んだことに気がついていない、だろう
370  8月14日  「お掃除ロボ」があるなら「お政治ロボ」だってできるだろ
377 10月 2日  地球の免疫力を高める
390 平成28年(2016年)1月 1日  この世は一瞬と永遠に挟まれた極めて特異な時間
413  6月10日  すべては不均衡から生まれた
416  7月 1日  私もオバマさんもネズミから始まったがこの先は
426  9月   9日  存在は変化と均衡を同時に目指す(流動均衡)
452 平成29年(2017年)3月10日  違っていれば誰かが生き残る
459  4月28日    地球外知的生命体探査(どうして見つからないのか)
469  7月   7日    死んだお祖父ちゃんがAIロボットになって孫と遊ぶ
491 12月   8日  死とは何なのか、を考えてみた
495 平成30年(2018年)1月 5日  想像できることは実行できること(1万年後の世界)

*右側の「*バックナンバー」をクリック
  → 出したい記事の掲載年月「〇〇〇〇年〇月」をクリック
  すれば、上記の希望の記事をご覧いただけます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー