定年後・高齢化社会

2020年6月19日 (金)

死ねなくなる時代

将来の病気や障害に備え、あらかじめその人のiPS細胞を作成培養しておきます。臓器、皮膚、骨等の各パーツとして、移植可能な状態にまで形成させて長期保存します。いざ必要になった時点でその人に提供します。なんていう時代も、やがては当たり前にやってくるでしょう。人の遺伝子を操作して病気を治す遺伝子治療というのもあります。もう既に行われています。遺伝子を解析することでその人に将来起こり得る病気を予測して、あらかじめその可能性を排除しておくことも可能になります。医療技術も医療機器も医薬品も日進月歩です。すごい時代になりました。

人の寿命は生物学的には120歳あたりが限界のようですが、このぶんではもっと伸びそうです。生物種が繁栄を維持し続けるためには循環が必要です。前の世代がずっと生きていることは、恐らく生命としては想定されていないでしょう。その種が長命になればなるほど、実は絶滅への道を辿っているのかもしれません。パラドックスです。

未来のいつの日にか、人は何で、そして何歳で死ぬことになるのでしょう。それ以上に、私たちにとってより根源的な問題は、ずっと死なないでいることはたとえ健康であったとしても本当に幸せなのか、ということです。どこまで生きることを希望するか、その選択をどの個人もが迫られる、そういう時代がやがてやってくるのでしょうか。

「ああままよ 生きても 亀の100分の1」 (一茶)
この辺りが丁度よい人生ではないかと私は思いますが。

<参照>
◎公益社団法人有料老人ホーム協会 第18回シルバー川柳入選作品から
*突然に 医者が優しく なる不安
*三時間 待って病名 加齢です
*いびきより 静かなほうが 気にかかり
*年上が タイプだけれど もういない
*未練ない 言うが地震で 先に逃げ
*味のある 字とほめられた 手の震え

<参考>
「定年後・高齢化社会」編バックナンバー http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-767460.html

薬師池公園 2020.6.17
P1050971
P1050958
P1050949
P1050932
P1050931
P1050960

 

2020年3月31日 (火)

弱虫の虫のいい選択

日本人の年間死亡者3人に1人はガンによる死亡です。次は心疾患と脳血管疾患で、この二つを循環器疾患としてまとめると、これも3人に1人の割合になります。つまり私たちが死ぬ時、3人のうち2人はガンか循環器疾患のいずれかで死ぬことになります。かなり高い確率です。

ガンは余命を宣告された場合、短い人でも月単位の期間が残されます。この間に、病気と闘いながら同時進行で心の準備ができます。残される家族への思いや配慮の時間が確保できます。事態を受け入れなければならない周囲の人間にとっても、この期間はかけがえのない貴重な時間となります。ガンが人に優しい病気と言われる所以です。一方で、残された準備の期間は同時に苦悩の期間でもあります。死んだ後の家族の生活や死後の世界も気になってきます。宗教など頼れるものがない人には、絶望や不安、心の葛藤など迷いも出てきます。これは家族も同じです。

心筋梗塞や脳卒中はほとんど不意打ちで襲ってきます。死を自覚する一瞬すらないような場合もあるでしょう。だからガンのような準備は、本人にも周囲にも通常出来ません。その代わり生前の苦悩はありません。突然死に周囲の驚きと悲しみは一気に高まりますが、それは死後だけのもので済みます。

ガンに罹った人の闘病日記等を読むと、病気に挫けない意志の強さと、病床にあってもなお示そうとする周囲への心遣いに驚かされることが数多くあります。でも心がそれほど強くない私には、不意打ちの循環器疾患の方が好ましいような気がします。出来得るなら痛みのない心疾患か、辛いリハビリのない脳血管疾患、これが弱虫の私の虫のいい選択です。

<今日のメロディー>
朝♪
https://youtu.be/L46Kdg6RaJM

 

2020年3月10日 (火)

老いは受け入れるしかありません

かかりつけ医が、最後に私にこう言いました。「年を取ると色々なことが起きますよ」。70歳を超えた辺りで、私は確かにそうでした。今までにないことが体に起きています。

夜中にトイレに起きるのは2回、ひどい日は3回になりました。70歳前にもトイレに起きましたが、今はその回数が増えたのと、再入眠に時間がかかるようになりました。

私は若い時は歩くのが速かったです。急いで歩いている時に、目の前の高齢者が邪魔だったのを覚えています。私自身が高齢者になって解りました。高齢者は体の急転換ができないのです。今、私は急転換する時に足がふらつきます。ズボンの脱ぎ着、靴下の脱ぎ着の時も体がふらつきます。足腰の筋肉が衰えたせいと思いますが、脳の影響かもしれません。

薬の錠剤を手から落とすようになりました。シートから錠剤を取り外そうとする時によく落とします。気をつけても落とします。小銭を財布から出すのにも苦労するようになりました。いつしか、箸もうまく扱えなくなっているのに気付きました。脳から指先への指示や伝達が難しくなっているのでしょうか。

一番困るのは、言葉が出にくくなったことです。適切な単語が出てこないのです。MRIの検査で、軽い脳出血(2か所)と小さい血管が脳梗塞(多数)を起こしていました。隠れ脳卒中というそうです。発話する時は、つっかえつっかえになります。特に、「か行」と「た行」が発語困難です。電話をかける時はあらかじめ文章をこしらえて、それを読むように対処しています。電話がかかってきた時は大変です。しっちゃかめっちゃかになります。一方、いまのところ歌はスラスラ歌えます。発話と歌は、それぞれ脳内の別の領域を使用しているのでしょうか。

3日前にも大切な鍵を失くしました。探しましたが見つかりません。多分、家の中にあると思います。しまった場所を忘れているのでしょう。仕方なく、新しい鍵を作るつもりです。最近、物や予定を忘れることが多くなりました。

上記は私の病状日記です。昔はこうでなかったのになあと、歯がゆい思いをします。誰しもがいずれは老います。遅らせることは出来ても、老いは受け入れるしかありません。

<参考>
「定年後・高齢化社会」編 バックナンバー
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-767460.html

小坊主と木蓮 2020.3.6(恩田川沿いで)
P1050711
P1050707


 

2020年2月21日 (金)

たちまち太郎はおじいさん

この歳になって初めて分かりました。若い頃、と言うよりも小さい頃の自分と今の自分とを比べると、中身はほとんど変わっていないことに気づきました。人の心の中の基本は、幼い頃に既に出来上がってしまうものなのでしょうか。

子どもでも大人でも著名人でも一般人でも、年齢や社会的地位に関係なく、どうやら人の心の中には優越感と劣等感がいつも同居しているようです。優越感は時として自慢や過信に、劣等感は嫉妬や攻撃に置き換わります。そして相反するこの両者の裏には、共通の「不安」が隠れています。自信に置き換わる優越感や、努力につながる劣等感もありますが、根底に「不安」が隠れているのは同じです。「不安」は人の生存と不可分の関係にあり、「不安」とともに人は年を取り老人になります。

竜宮城で乙姫さまと一緒のときの太郎には「不安」はありませんでした。故郷に帰って玉手箱を開けたとたん、太郎はおじさんになりました。玉手箱を開けたわけでもないのに、気が付いたら自分もあっという間におじいさんになっていました。でも太郎同様に、自分も心の中は子どもの頃、若い頃とほとんど変わっていません。なのに体だけはおじいさんです。月日の経つのも夢のうち、です。不思議でたまりません。

玉手箱の中に閉じ込められていた白い煙りの正体は何だったのでしょう。それはひょっとして「不安」ではなかったかと、近頃私は思案しています。

<参考>
「定年後・高齢化社会」編 バックナンバー 
http://nobu-chin.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-767460.html 

<今日のメロディー>
浦島太郎♪
https://youtu.be/cIGMlpAarFY 

薬師池公園(一番下の写真は、拾ったロウバイの種) 2020.2.19
P1050576P1050568
P1050585


 

2020年1月28日 (火)

「定年後・高齢化社会」編 バックナンバー

「定年後・高齢化社会」編 バックナンバー(2008年6月15日~2018年6月1日まで)

番号  掲載年月日   タイトル
13 平成20年(2008年)9月 6日  私のゴールデンタイム
14  9月13日 「あっという間」に敬老の日
18 10月11日 定年後の苦楽
61 平成21年(2009年)9月18日  2027年問題
78 平成22年(2010年)1月15日  お寺さんは幼老院
83  2月19日  面白うて、やがて悲しき
102  7月 2日  お葬式とお墓はどうしようか
128 12月31日  ヒトの時間
134 平成23年(2011年) 2月11日  税務署の徴税能力はどれくらいですか
148  5月20日  オールドブラックジョー
160  8月12日  今書いておかないときっと忘れる
163  9月 2日  たちまち太郎はおじいさん
193 平成24年(2012年) 3月30日  粗大ゴミになる前に(もうひとつの都市鉱山)
228 11月23日  死ねなくなる時代   
251 平成25年(2013年) 5月 3日  墓石は語りかける
256  6月 7日  青い鳥は籠の中
258  6月21日  そろそろ片付け開始  
269  9月 6日  この人誰だっけ     
274 10月11日  人間は難しい生き物
292 平成26年(2014年) 2月13日  2060年問題(46年後の責任なら問える)
302  4月25日  認知症の行方不明者年間1万人の時代
303  5月 2日  シルバー代理店のシルバープランナー
324  9月25日  私は先進的な街に住んでいます
343 平成27年(2015年) 2月 6日  高齢者は元気なうちにモノを捨てる
349  3月20日  すきまサービス
354  4月24日  今書いておかないときっと忘れる(その2)
355  5月 1日  死ぬのも大変
357  5月15日  高齢者介護に大学生を利用する方法
361  6月12日  ある日それは急にやってくる
367  7月24日  地域包括ネット?
382 11月 6日  言いにくいことですが(ボランティア活動を考える)
387 12月11日  困っている高齢者はまずどこへ行けばいいのか
392 平成28年(2016年) 1月15日  心に残るのはたったひとつの風景、たったひとつの言葉
403  4月 1日  日本が死なないために
419  7月22日  今からでもまだ間に合うか
422  8月12日  これは老いの兆候か
425  9月 2日  立つ鳥跡を濁さず
441 12月23日  独り暮らし高齢者の緊急時の対応
442 12月30日  生命活動は時間の流れに逆らおうとしている
462 平成29年(2017年) 5月19日  言葉が出てこない(これは認知症かそれとも失語症?) 
464  6月 2日  昔見た年寄りは今何処に(副題:凄い人)
472  7月28日  言葉が出てこない(その2)
473  8月 4日  マスター・キーはできないのか
477  9月 1日  敬老パスをもらいました
480  9月22日  年寄りは働かせるに限る
488 11月17日  一日のうちにアボカドの名前を三度忘れた
494 12月29日  もう一度私たちは頑張れるか(日本の未来の年表)
497 平成30年(2018年) 1月19日  年を取ると変なことが起きるもんだ
502  2月23日  カードが見つからない
516  6月 1日  放てば手に満てり(70歳という年齢)

(注)右側の「*バックナンバー」をクリック
     → 出したい記事の掲載年月「〇〇〇〇年〇月」をクリック 
    すれば、上記のうちの希望の記事をご覧いただけます。 

  

 

今書いておかないときっと忘れる

幼い頃、夜寝る前に脱いだ衣服を枕元にきちんとたたんでおきました。関東大震災を体験した親に、いつ地震が起きても衣服を持ってすぐ逃げられるようにと、私はそう躾られました。中学生になると、夜寝る時に布団の下にズボンを敷いて「寝押し」をしました。寝相が悪いと、朝起きた時にズボンの折り目が変なところについてしまいます。時々失敗しました。

小学校へ行く頃は、ベルトの脇か腰に手拭いを吊しました。洗った後に手を拭くためのハンカチ代わりです。でも鼻水は袖口で拭いていましたので、冬場はセーターの両袖口は鼻水が乾いた後でテカテカしていました。そう言えば、当時は始終青っ洟を垂らしている子どもが珍しくありませんでした。私は青っ洟は垂らしませんでしたが、始終身体のどこかに膿をもった「おでき」(懐かしい呼び名です)ができていました。眼には「ものもらい」(これも懐かしい)がよくできました。ビタミン不足のせいだったのでしょうか。

小学校の夏休みの午後は、近くの海でよく遊びました。遊んだ後、家に帰ってくると昼寝の時間でした。今では昼寝をする子どもは乳幼児まででしょうか。中学にあがる前までは、父親のことは「とうちゃん」、母親は「かあちゃん」と呼んでいました。両親をこう呼ぶ小さな子どもは、今どれくらいいるでしょうか。小学生の昼寝もとうちゃんかあちゃんも、ほぼ絶滅したことでしょう。

ほとんど忘れかけた、みんな遠い日の思い出です。

2019年11月15日 (金)

オールドブラックジョー

昭和30年代はクレージーキャッツの全盛でした。団塊世代の私は、当時テレビで随分と楽しませてもらいました。あれから60年が経ち、主要メンバーのハナ肇、植木等、谷啓、今はみんな亡くなりました。昭和40年代はドリフターズが出てきました。ここでもリーダーのいかりや長介や荒井注がもう亡くなっています。にぎやかな連中だっただけに、寂しさもひとしおです。

谷啓の葬儀で、祭壇の遺影に向かってメンバーの犬塚弘(現在90歳。クレージーキャッツの最後の一人)が呼びかけていました。「俺も後から行くから、みんな待っていてくれよ」。仲間がどんどんと消えていくのを、ただ見送るしかないのはどんな気持ちなのでしょう。私は彼らより少し若いので、まだよく分かりません。でもかつての級友の訃報で、あいつも死んだか、ああこいつもかと、かっての仲間が鬼籍に入るのをだんだんと見送る立場になりつつあります。

「若き日 はや夢と過ぎ わが友 みな世を去りて・・・」。オールドブラックジョーの歌を思い出します。ただ一人取り残された者の寂しさと悲しさを、これほど哀切に歌った歌を他に知りません。「かすかに 我を呼ぶ オールドブラックジョー」。人生の長い午後にも、終わりはいつかやってきます。心の準備がまだ出来ていません。

楽しかる 集いの時の 疾く過ぎて
        なべては夢の ごときたそがれ
     (平成12年歌会始 三宅 教子)

<今日のメロディー>
オールドブラックジョー♪
https://youtu.be/DrhNZXppYEc

長安寺の五百羅漢(仙石原)2019.11.12
P1050154

P1050159

P1050141

 

2019年8月16日 (金)

いつか来る道

道を間違えて約束時間に遅れそうになり、慌てて方向転換をして左膝がガクッとなりました。それでも構わず急いで歩きました。2,3日してから膝が痛くなりました。整形外科で、膝に電気を当てて治療しました。時々、膝に水が溜り、注射針で水を抜いてもらいました。痛かったです。1年くらいして左膝はほぼ治りましたが、庇っていた右膝の方が痛くなってきました。今も時々通院しています。

硬いフランスパンを食べていたら、顎が痛くなってきました。顎が少しずれたようです。上下の歯の噛み合わせが悪くなり、食事の時にガリガリと音がしました。そのうちに、頬っぺたの内側を歯で噛んで出血してしまいました。血がなかなか止まりません。血が止まってもついまた噛んでしまいます。口腔外科に行って治療してもらいました。 

嗅覚がだんだんと弱くなりました。食べ物が美味しくありません。耳鼻科へ行きました。1年くらい治療しましたが、今も良くなっていません。匂いで昔のことを思い出すことがあります。それも出来なくなりました。高齢になると、嗅覚、視覚、聴覚が衰えるのは仕方ないのでしょうか。

退職後の10年間で、6回意識を失いました。そのうち4回はアルコールを飲んでいる時でした。意識を失った時間は、数秒から数分のことです。うち2回は救急車を呼ぶ騒ぎになりました。40年以上前に、不注意で高い所から落下して頭蓋底骨折をしました。その影響かな、と心配しています。3年前くらいから言葉が出にくくなり、かかりつけ医に相談したら紹介状を書いてもらい、大きな病院で脳のMRIと脳波の検査を受けました。この6月のことです。 

MRIの結果は、脳出血の跡が2か所、細かい血管の脳梗塞(ラクナ梗塞)の跡は無数にありました。「隠れ脳卒中」というそうです。それが脳の言語領域に障害を及ぼしている可能性がある、と言われました。

脳波の検査は、てんかんが疑わしい、という結果になりました。脳出血や脳梗塞が原因で、高齢者のてんかんが増えているそうです。この間、NHKの「きょうの健康}で知りました。高齢になってからてんかんが発症することも初めて知りました。これ以上、脳出血や脳梗塞を起こさないように、医者の指示で血液サラサラの薬を飲んでいます。脳血管性認知症へ進行するのでは、と私は危惧しています。

同じく6月下旬に、私は胃がん検診で内視鏡検査を受けました。結果は精密検査になり、8月に2回目の内視鏡検査を予定しています。やれやれです。  

薬だらけになりました。毎日飲む薬の整理が大変です。もともと高血圧、高脂血症、喘息の薬、時々抗うつ薬も飲んでいました。薬代も馬鹿にできません。夫婦二人で医療費は年間10万円以上になり、確定申告のときに医療控除を申請できる資格になりました。

70歳前後を境に、体にいろいろな症状が初めて出てきています。いつか来る道です。

折り紙の?の金魚鉢 2019.8.14
P1040886

<今日のメロディー>
金魚の昼寝♪
https://www.youtube.com/watch?v=I1LSiH6oceI

 

2019年7月30日 (火)

お葬式とお墓はどうしようか

墓地や墓石の紹介が、新聞の折り込み広告でよく見られます。私の年齢がばれているせいか、セールスの電話もよくかかってきます。簡単に書ける「遺言書キット」みたいな商品も売れているそうです。老人が孤独死した部屋の後片づけをしてくれる職業もあるそうです。大変ですが、必要な仕事です。子や孫へのメッセージを、DVDで編集してくれる会社もそのうち出てくるでしょう。もうあるかもしれません。何と言っても団塊世代が控えていますので、葬儀関連ビジネスはしばらく需要が絶えないでしょう。

その一方で、大げさな葬式は必要ないという人が増えています。身内だけで行う家族葬のように、葬式の簡略化が進んでいます。お墓の簡略化も進んでいます。コインロッカースタイルや、パソコン上でお参りができるお墓もあるようです。墓石の代わりに記念樹を植える「樹木葬」や、遺灰を海に撒いてもらうだけの「散骨葬」というのもあります。葬式や墓の簡略化は今後ますます進むでしょう。

本人にとってみれば、葬式も墓も自分が生きた証を残したいということなのでしょうか。連綿とこの先も繋がっていることの確認を、子や孫に求めているのでしょうか。遺族にとっては、悲しみの区切り目であり、思い出の証なのかもしれません。でも、この世は生きている人の世です。どうせお金を使うなら、生きている間に使いたい、という考え方もあるでしょう。

いかに死ぬかは重要なテーマです。いろいろ迷いますが、とりあえずは、本や写真など、個人的な持ち物を少しずつ計画的に処分していくことから始めましょうか。残された遺族がその処分に困らないように。

<今日のメロディー>
上海の花売り娘♪
https://youtu.be/UAW3wzc_Cdw?list=PLBC663mhPmjX1u5odDEIeHFSYAAqp2tbJ

 

2019年7月 5日 (金)

結局、これに行き当たる

少子高齢化が進み、年金や医療、介護など社会保障給付の総額は、今や年間120兆円を超えています。2042年には65歳以上の高齢者人口は3,935万人になり、その時の社会保障給付費は190兆円のピークを迎えます(読売新聞2019.6.27)。

高齢者(受け取り手)が増え、相対的に若者(担い手)が少なくなるわけですので、国民一人当たりの負担は増す一方になります。経済政策は、どの政党が政権を取っても自民党政権とあんまり変わり映えはしないでしょう。良い政策があれば、自民党が既にやっているはずです。

どこにお金を配分するか(予算編成)は、その時の政権が考えることです。少しばかりのお金の移動では、政権が変わっても抜本的な政策変更は不可能です。何かを諦めて、その予算を持ってくるしかありません。防衛予算のことを言っています。2019年度の防衛予算は5兆2,574億円です。5年連続で過去最高です。これに狙いを定めるしかありません。

日米安全保障条約をチャラにします。トランプさんも日米安保に不満を漏らしていますが、このままでいくとますます日本の負担額は増しそうです。アメリカと手を組んでいたら、基地負担もかかるし、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」も置かなくてはなりません。最新鋭の戦闘機を、アメリカから何百機も購入しなくてはなりません。

アメリカに頼らず自主防衛にすると余計お金がかかりますから、自衛隊もなくします。無防備になります。他の国々の善意を当てにする非武装中立です。昔、社会党が言っていた通りにします。北欧のように消費税率を20%以上にする方法もありますが、これだと国民の負担が増して同じことになります。非武装中立以外に、社会保障にお金を持ってくる方法は今のところありません。

何かを選択するということは、何かを諦めることです。非武装中立が嫌なら、今と同じで弥縫策に頼らざるを得ません。弥縫策は、どの政党が政権を担っても同じようなものになるでしょう。結局は、弥縫策しかないと私は思っています。

<今日のメロディー>
もしも月給が上がったら♪
https://youtu.be/H63yAKSK5Ao

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー